AOセプトクリアケアを雪国や寒冷地で使う場合は室内温度に注意!

こすり洗い不要のコンタクトレンズ洗浄液として

人気のAOセプトクリアケア。

 

でも、雪国や寒冷地など、

気温の低い地域で使う場合は

ちょっとした注意が必要だったりします。

 

室内温度「10℃」以上の場所に置いておくこと。

寒冷地でAOセプトクリアケアを使うときに注意が必要なこと。

 

それは、「室内温度10℃以上の場所で使う!

です。

 

これはAOセプトクリアケア本体にも記載されていますが

結構見落としがちなのではないでしょうか。

 

こんな感じで記載されています。

「低温下(10℃以下)では、

中和に6時間以上かかることがあります。

(冬場はなるべく暖かい部屋でご使用ください)」

 

と記載されています。

 

温度が低いと6時間後でも「中和できていない」可能性が高まります!

なんで、10℃以上の部屋に

置いておかないといけないかというと、

 

AOセプトクリアケア本体にも記載されているとおり、

6時間後でも中和されていない可能性が高まってしまうからです。

 

AOセプトクリアケアって、

「過酸化水素」を使ってコンタクトレンズを消毒します。

 

過酸化水素というのは「水」と「酸素」が結合したもので、

平たくいうと、人間にとっては毒となります。

 

だからこそコンタクトレンズの殺菌ができるんですけどね。

 

で、その過酸化水素が、

無害な水と酸素に分解されるまでに

6時間ほどかかるということなんです。

 

中和できていなければコンタクトを目に装着したときに「激痛」が。。

ちなみに、なんで過酸化水素が

中和されている必要があるんでしょうか?

 

それは、中和されていないままコンタクトレンズを目に装着すると

激痛」が走るからです。

 

と書いておきながら

実は私自身はその激痛を体験したことはありませんが。。

 

でも想像するだけで痛そうです。

過酸化水素って傷口の消毒にも使われている液体です。

いわゆるオキシドール。

 

それが目の中に入るって考えるだけで痛そうです。。

 

なぜ、「10℃」以下だと中和スピードが遅くなるのか?

ちなみに、なぜ、10℃以下だと

過酸化水素の中和スピードが遅くなるんでしょうか。

 

中和というか過酸化水素が水と酸素に分解されるスピードですね。

 

その理由はいたって単純です。

過酸化水素は温度(水温?)が高いほどに早く分解していくからです。

 

過酸化水素は水と酸素が結合したものです。

というか、水の中に余分な酸素が溶け込んでしまっている状態です。

 

とても不安定な状態で、

なにもしなくてもちょっとずつ水と酸素に分解されていきます。

 

でも、温度が低い場合は分子同士の結合がちょっと強くなって、

そのスピードが遅くなってしまうんですね。

 

その反対に、温度が高ければ分解していくスピードも早くなります。

AOセプトクリアケアは中和までに6時間と定めていますが、

温度が高い場合は、もっとはやく中和される可能性もあるわけです。

 

というわけで、

室内温度がかなり寒い!

という時にAOセプトクリアケアを使う場合は

ちょっと注意してみてください。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。