メガネだけじゃない!ブルーライトから目を守るコンタクトレンズ

ブルーライトから目を守るための選択肢は

PCメガネだけではありません。

 

実はブルーライトから目を守ってくれるコンタクトレンズというものも

存在しているんです。ものすごく地味なので知られていませんが。。

 

あ、ちなみにMac専用(今はウィンドウズにもLinuxにも対応しています)

ですがブルーライトをカットするアプリというものがあります。

PCメガネもPCコンタクトレンズもいらないという人は試してみて下さい。

 

ブルーライトから目を守ってくれるアクティブカラー・ナチュラル

ブルーライトから目を守ってくれるのは

アクティブカラー・ナチュラル」というコンタクトレンズです。

アイミーというメーカーが作っています。

 

アイミーというとあんまり馴染みがないメーカーかもしれまえんが、

ワンデーアクエアプロシーとかで知られているクーパービジョンの

傘下の会社です。

 

旧名は旭化成アイミーという会社名だったのですが、

2010年にクーパービジョンに買収されて旭化成がとれて

アイミーという会社名になったそうです。

 

PCメガネのレンズのように黒目の部分がイエローになっています

アイミーのアクティブカラー・ナチュラルはどんな

コンタクトレンズなのかというと、

黒目にかかる部分がイエローになったコンタクトレンズになっています。

 

こんな感じです。

 

なんか目玉焼きみたいな感じになってますね(笑)

ある意味カラコンみたいです。

 

こんなコンタクトレンズをしていたら白目の部分が

黄色く見えてしまうんじゃないの?

 

と心配するかもしれませんが、

イエローの部分は直径10mmなので、

黒目の部分よりも小さいです。

大人の黒目の部分の平均的な大きさは12.5mmと言われています。

 

なので、はたから見ると全然レンズの色が

イエローになっているなんて気づかれません。

 

アキュビューのコンタクトレンズとか全体が薄いブルーになってますが、

ぜんぜん気づかれませんよね。

 

ちなみにアクティブカラーナチュラルではなくて、

普通のアクティブカラーというコンタクトレンズはレンズ全体が

イエローになっています。

 

でも、アクティブカラーは今では製造中止になっています。

 

なので、白目の部分までイエローに見えるということは

今はありません。

 

製造中止になったのもおそらくそういう理由だったのではないかなと思います。

それで、直径10mmの部分だけイエローにしたナチュラルが登場したと。

 

PCメガネが気になってるけどメガネをかけるのはいやだなという人は

試してみるのもいいかもしれません。

 

ちなみにパソコンをよく使う人だけではなくて、

日中強い日差しの中スポーツをする人にも利用されていたりするようです。

 

ちなみにブルーライトのカット率なのですが、

アイミーからは正式には公表されていないのですが、

この図を見る限りではカット率は約20%ほどなのではないかなと思います。

 

【アクティブカラーナチュラルを買うなら】

コンタクトレンズZOO
アクティブカラーナチュラルは楽天にショップをだしているコンタクトレンズZOOというところで通販することができます。送料無料にもなるようです。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

コンタクトレンズを通販で購入するのは本当に危険なのでしょうか?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。