コンタクトレンズの箱に記載されている「EXP」って何?

コンタクトレンズの箱を見てみると

「EXP」という文字が書いてあったりします。

 

「BC」や「D」の意味は分かるんだけど「EXP」って?

という人も少なくないのではないでしょうか。

 

一体どういう意味なんでしょうか?

 

「EXP」はExpiration Dateの略で、「消費期限」のことです。

コンタクトレンズのパッケージに記載されている「EXP」の文字。

簡単に言うと、「使用期限」や「消費期限」のことです。

 

20160830とか書いてあるのであれば

2016年8月30日が消費期限ということですね。

 

ちなみに「EXP」は英語の「Expiration Date」の略になります。

 

消費期限が切れたコンタクトレンズは「使えない」んでしょうか?

コンタクトレンズの消費期限って製造されてから

5年間後ぐらいに設定されているので、

なかなか消費期限が切れてしまうコンタクトレンズってお目にかからないのですが、

仮に消費期限が切れてしまったコンタクトレンズがあったとします。

中には消費期限間近のコンタクトレンズを販売しているお店もあるようですし。。

 

消費期限切れのコンタクトレンズって使ってはいけないんでしょうか?

 

使える可能性もあるけれども、メーカーの「保証対象外」になります。

コンタクトレンズってきちんと殺菌された状態でパッケージングされているので、

消費期限が切れたコンタクトレンズだからといって、

レンズが汚くなっているということはそれほど多くはないかと思います。

 

もちろん、中には保存液が白濁していたりとかするものもあるようです。

高温状態で保存とかしているとそういうことも起こりやすいのかもしれませんね。

 

そんな、消費期限が切れたコンタクトレンズ。

 

使える可能性もかなり高いのですが、メーカーの「保証対象外」になります!

 

「消費期限」というのはつまるところ、

メーカーの「保証期限」とも言えるかと思います。

 

使用期限が切れたコンタクトレンズは「使わない」にこしたことはありません。

使用期限が切れたコンタクトレンズだからといって

絶対使えないということはありません。

 

でも、どうしても使わざるを得ないという理由がある場合以外は、

極力使わないようにしたほうがいいと思います。

使うなら自己責任でという感じですね。

 

「EXP」ではなくて「砂時計」のマークのみで表記されているコンタクトレンズもある。

ちなみに、コンタクトレンズの使用期限は、

基本は「EXP」で記載されているのですが、

文字ではなくて砂時計のマークで「のみ」表されているコンタクトレンズもあります。

 

アキュビューとかそうですね。

例えば、最近発売が開始されたワンデーアキュビューオアシスはこんな感じです。

 

砂時計マークだけの表記です。

消費期限は「2020年10月1日」までですが、

すでに現時点で使い切ってしまいましたので問題なしです。

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。