ダイビングをするときはコンタクトレンズは外したほうがいい?

ダイビングをするときって

コンタクトレンズを装着したままでも

大丈夫なんでしょうか?

 

それともやっぱり外したほうが

安全なんでしょうか?

 

ダイビング中にコンタクトレンズが外れてしまう可能性は0%ではありません。

ダイビングの時に、

コンタクトレンズを装着したままでもいいかどうか?

 

これって、潜っているときに、

マスクの中に海水が入ってきて、

コンタクトレンズが目から外れてしまったら

どうしようという不安からくる疑問ですよね。

 

結論から言うと、

ダイビング中にコンタクトレンズが外れる可能性というのは、

有ります!

 

少なくとも0%ではありません。

 

ダイバーさんのブログとかをチェックしてみると、

コンタクトレンズが外れたことがあると書いている人も

少なからずいます。

 

ただ、可能性としては本当に低いようですけどね。

 

しかも、外れるとしても片目だけとかで、

両目とも外れるということはほとんどなさそうです。

 

なので、仮にダイビング中にコンタクトレンズが外れても、

まったく目が見えなくなって、

大惨事になるということはなさそうです。

 

ソフトよりハードコンタクトレンズの方が圧倒的に外れやすい?

ちなみに、コンタクトレンズと一括りにして話していますが、

コンタクトレンズには大きく分けて、

ハードとソフトの2種類があります。

 

ハードとソフトで、

コンタクトレンズの外れやすさが

違うということは知っていますか?

 

実は、ハードコンタクトレンズの方が

圧倒的に外れやすいです。

 

例えば、ハードコンタクトレンズの場合、

激しい運動をしただけでレンズが外れてしまうことがあります。

 

それに対して、ソフトコンタクトレンズの場合、

ズレるということはあっても、

外れてしまうということはほとんどありません。

 

これについては理由があります。

 

他のサイトではなかなか解説されていないので、

ちょっと簡単に解説してみます。

 

私達の目の表面って涙で覆われていますよね。

 

その上からコンタクトレンズを装着するわけなんですが、

ハードとソフトでレンズの動きがちょっと違うんですね。

 

ハードの場合、

レンズが涙の表面に「浮く」ように装着されます。

 

涙の表面の浮くので、

まばたきをするときにレンズが上下に動きます。

 

言ってみれば、

表面張力によってレンズが目に装着されているという感じかもしれません。

 

ハードはソフトに比べてレンズの直径も小さいですし、

激しい運動をしただけで外れてしまうようになっているんですね。

 

ソフトの場合、

レンズは涙の中に「沈む」ようにして装着されます。

 

なので、まばたきをしてもレンズそのものは上下に動きません。

目に張り付いているという感じでしょうか?

 

なので、ハードに比べてレンズが外れにくいんですね。

 

ワンデーコンタクトレンズならOKというダイビングスクールがほとんど。

というわけで、

ほとんどのダイビングスクールでは、

コンタクトレンズを装着したままでも大丈夫だけれど、

ワンデーコンタクトレンズのみOKとしています。

 

ハードコンタクトレンズは外れやすいのでNGということですね。

 

利便性を考えると

コンタクトレンズを装着したままでのダイビングを

NGにすることはできないんだろうと思います。

 

実際、ダイビングのインストラクターの方々でも

コンタクトレンズを装着している人はかなり多そうです。

 

でも、コンタクトレンズをするのであれば、

せめて外れにくいソフトの方、

さらに、外れてもそれほどダメージのない

ワンデーをという感じでしょうか。

 

むしろ、コンタクトレンズを装着しておいたほうがいい場合もある!?

ちなみに、

 

「そうは言ってもコンタクトレンズを

装着しないに越したことはないでしょ?」

 

と思われるかもしれないですが、

そうでもないようなんです。

 

コンタクトレンズを装着しない場合は、

度付きのマスクを使うことになるのですが、

 

当然のことながら、

マスクを外している間は、目は裸眼の状態になります。

 

視力が低い状態ですね。

 

ダイビングっていきなり海にジャボンッって入るわけではなくて、

ダイビングポイントまで陸上を移動することもあります。

 

岩場の上を歩くこともありますよね。

 

そういうときに、視力が低い場合は、

陸上でも度付きマスクを装着することになります。

 

度付きマスクって水中用に作られているので、

陸上で装着すると遠近感が掴みづらくなります。

 

そうして、岩場の上で足を踏み外して

ケガをする人も少なからずいるそうです。

 

不安感が勝るのであれば、度付きマスクにしておいたほうがいいかもしれません。

ワンデーコンタクトレンズであれば、

装着したままのダイビングもそれほど問題がないとはいえ、

 

不安感には個人差がありますよね。

 

「コンタクトレンズを装着したままのダイビングはどうしても不安!」

 

という場合は、

度付きマスクを使ったほうが精神衛生上いいかと思います。

 

特に、普段はメガネを使っているという人はそうかもしれません。

 

ただでさえ、

普段は慣れていないコンタクトレンズを装着するうえに、

ダイビングをするんですから。

 

普段からコンタクトレンズを使っている人の方が、

不安感は少ないのではないかと思います。

 

コンタクトレンズを装着したままプールや海に

入ったことがある人ならなおさらかもしれませんね。

 

関連記事:実際に使って選んだ、おすすめのワンデーコンタクトレンズ。

関連記事:シュノーケリングはコンタクトレンズを装着したままでもOK?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。