カラコンがとても安全に思えてくる!眼球タトゥーって知ってますか?

腕や背中、全身のどんなところでもできちゃう「タトゥー」。

大事な人のイニシャルだとか、

自分の好きなものだとかを一生モノとして体に刻み込めるタトゥーですが、

「眼球」にタトゥーをする人がいるということ、ご存知でしょうか?

 

想像もつかない眼球タトゥーについて、

ちょっと恐ろしい気持ちもしながら見てみましょう…。

 

カラコンのように簡単じゃない!外人に多い危険な顔面タトゥー

「眼球タトゥー」とは、そのネーミングのまんまです(笑)

多くの人は腕・背中・腰・足首なんかに入れるタトゥーですが、

自分の目・眼球にタトゥーしてしまうことをいいます。

 

日本人ではまだほとんどおらず、外国人の方が多いようなのですが。。

 

外国人の瞳って、ブルーやグリーンなどの色鮮やかなものになっていますよね。

でも、それは白目ではなく黒目の色。

 

しかし、眼球タトゥーでは白目の部分にさまざまな着色を施したり、

模様を描いてみたり。

それはもう私たち日本人では想像することおもできない世界になっています。

 

たとえば、白目の部分すべてが真っ赤だったり、

黄色だったり、真っ青だったりということは当たり前、

各々の好きな模様を白目に入れてみたりという感じのようです。

 

実際、外国人の眼球タトゥーで調べてみると

たくさんの眼球タトゥー写真を見ることができます。

肌のタトゥーだけで痛そうと思ってしまうことが多いと思いますが、

眼球に入れるタトゥーなんて未知の世界ですよね。

 

激痛で片目だけ!?眼球タトゥーはデメリットいっぱい…

そもそも眼球タトゥーというのは、

黒目を大きくしようとして始まったものだそうです。

今で言うカラコンの変わりといった感じですね。

 

カラコンをするだけでも酸素が目に行き渡らないだとか、

ドライアイになりやすいだとか健康面でいろいろなことが論議されている中、

眼球タトゥーは危険極まりないですよね。。

 

もちろん施術時には麻酔をしていたとしても、

相当な痛みを感じるようです。

そのため外国人の眼球タトゥーをしている人は片目が多いそうなんです。

片目を施術した痛みのために、

もう片方の目は断念してしまうんだとか。。

 

それほどの苦痛を伴いながらも、

やっぱりおしゃれや自己満足のために眼球タトゥーをしてしまう人が

後を絶たないんだとか。

 

眼球タトゥーのことを考えると、

カラコンはよっぽど安全に思えてきますよね。

 

現在ではカラコンでも酸素をたくさん通すようなものもあれば、

うるおい成分をた~っぷり配合して目の健康に配慮したものもあります。

 

だから、眼球タトゥーのようにリスクの多すぎるものを選ぶ前に、

カラコンで理想の瞳を実現できるかどうか試してみては。



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。