ドライアイの原因には、どういうものが考えられる?

ドライアイの原因には、

一体どういうものがあるんでしょうか?

 

色々な視点から考えてみました。

 

なぜ、目は乾くのか?

ドライアイに困っているという人、

少なくはありません。

 

どこかで、

コンタクトレンズユーザーの半数は、

ドライアイに困っているというデータを見たことがあります。

 

少ないどころかかなり多いですよね。

 

そんなドライアイ。

 

目が乾いてしまうことなのですが、

そもそも、なぜ、目が乾いてしまうのでしょうか?

 

涙の「量」が足りていない?それとも、涙の「質」が低下している?

私達の目の表面は、

涙で覆われているのが普通です。

 

涙が薄い膜みたいになって、

目の表面を覆っています。

 

ドライアイというのは、

この涙の膜になんらかの問題が発生したときに感じます。

 

例えば、涙の膜の一部に穴があいてしまって、

目の表面が直接空気にふれている状態。

 

目に乾きを感じますよね。

 

じゃあ、なぜ、涙の膜の一部に穴があいてしまうんでしょうか?

 

この原因は2つです。

 

ひとつは、そもそも涙の「量」が足りていないという可能性。

そしてもうひとつは、涙の「質」が低下しているという可能性です。

 

涙の量が足りていないというのは

イメージしやすいかと思います。

 

ハンドクリームを手に塗るときだって、

ハンドクリームの量があまりにも足りないと、

手の表面に均一に塗るのは難しいです。

 

涙だって同じです。

 

量が足りなければ、

目の表面を均一に覆うのが難しくなったりします。

 

それでは涙の質の低下というのはどうでしょうか?

 

「涙に質なんてものがあるの?」

 

と思う人も少なくないかもしれません。

 

それがあるんです。

 

「涙って水みたいなものじゃないの?」

 

って思っている人もいるかもしれませんが、

実は涙って少しだけ粘性をもっていて、

しかも、油分も少し含まれています。

 

例えるならば、ものすごく水に近いオイルみたいな感じかもしれません。

 

でも、涙の質が低下すると、

その粘性が低下して、

さらに油分も少なくなります。

 

そう、ただの水に近づくわけです。

 

ただの水を点眼しても目の乾きは癒やされませんよね。

 

それと同じことが、

涙の質が低下したときに起こってしまうんです。

 

涙の質を保つのに大きく関わっている「マイボーム腺」という存在。

ちなみに、涙の質を保つのに

大きく関わっているものとして、

「マイボーム腺」という存在があります。

 

マイボーム腺って聞いたことがありますか?

 

私達のまつ毛の生え際のすぐ近くにある皮脂腺です。

 

 

こんな感じです。

 

なんで、涙の質とマイボーム腺が関係あるのかというと、

このマイボーム腺から油分がでてくるからなんです。

 

涙にはすこし粘性があって、

油分も含まれているとさきほど言いましたが、

 

その油分がどこからやってくるのかというと、

このマイボーム腺からやってくるんですね。

 

なので、マイボーム腺が正常に機能していない場合、

涙の油分が少なくなってしまいます。

 

そうなると、当然のことながら

目の表面を覆っている涙の膜に

穴が開きやすくなってしまいます。

 

ちなみに、このマイボーム腺。

 

アイメイクをするときに塞いでしまうことがあります。

 

女性のほうがドライアイになる人が多いというのは

ここらへんも関係しているかもしれません。

 

関連記事:ドライアイの予防のためにアイメイクで気をつけるべきポイントとは?

 

きちんと目を閉じきれていない?「瞬目不全」という症状。

ドライアイの原因として、

涙の「量」と「質」、マイボーム腺の話をしました。

 

実は、涙以外にもドライアイの原因となりうる

意外な原因があったりします。

 

それは「まばたき」です。

 

まばたき。

きちんと出来ていますか?

 

ほとんどの人は

 

「出来てるに決まってるじゃないか!」

 

って思うかもしれません。

 

確かにほとんどの人は出来ていると思うのですが、

実はまばたきがきちんと出来ていないという人も中にはいるんです。

 

「瞬目不全」と呼ばれる症状です。

 

まばたきをするときに、

目を閉じきることが出来ていない症状ですね。

 

つまりは、目の下の部分は

常に空気にふれている状態になります。

 

イメージしてみてください。

 

ドライアイになってもおかしくないですよね。

 

ちなみに、この瞬目不全。

目の周りの筋肉である眼輪筋が衰えてしまうことが原因です。

 

関連記事:ドライアイの改善のために眼輪筋を鍛えるトレーニングが必要な理由

 

意外と見落とされがちな原因、それは「寝不足」。

そして、最後に。

 

ドライアイの原因は

細かいことを言えばキリがありません。

 

コンタクトレンズだってドライアイの原因になりうるし、

エアコンだってドライアイの原因になりえます。

ストレスだって原因になりえます。

 

色々あるんですが、

個人的に見落としてほしくないものがあります。

 

それは「寝不足」です!

 

慢性的に寝不足だという人、

どれくらいいるでしょうか?

 

仕事で忙しくて、なかなか寝る時間を

多く取れないという人も少なくないと思います。

 

それでも、テレビをみたりネットをしたりする時間を少し削って、

寝る時間を多くしてみてください。

 

もしかしたら、

涙の量が多くなり、

質も向上して、

ドライアイになりにくくなるかもしれません。

 

寝不足の状態って体にとってはあまりいい状態とは言えません。

 

例えるならば、

スマホの充電50%ぐらいの状態で

外に出かけるような状態でしょうか?

 

かなり例えが無理やりですが(笑)

 

バッテリーの残りが気になって

外出先で安心してあれこれイジれませんよね。

 

寝不足の状態だと、

体でこういうことが起きているのではないでしょうか?

 

涙の量を増やしたり、

質を向上させる仕事は

後回しにされてしまうかもしれません。

 

関連記事:ドライアイにいいと言われているコンタクトレンズ

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。