ICLの紫外線UVカット機能が思わぬデメリットになる可能性あり?

後房型フェイキックIOLである「ICL」。

 

ICLのレンズは

紫外線UVカット機能がついているのが

売りのひとつでもあるのですが、

 

もしかしたら、

そのUVカット機能が

思わぬデメリットになる可能性があるかもしれません。

 

紫外線は本当に目にとって良くないんでしょうか?

紫外線と聞くと、

どんなイメージを抱きますか?

 

多くの人は、

なんとなく体に悪いものという

イメージを抱くかもしれません。

 

だって、世の中には

紫外線対策のための商品がたくさんありますもんね。

 

UVカットのサングラスはもちろん、

UVカット日焼け止めクリーム、

UVカットの窓ガラス、

UVカットのコンタクトレンズ、

そして、ICLもUVカット仕様です。

 

紫外線は体や目にとって

良くないと思うのも当然と言えます。

 

でも、本当に紫外線は目にとって良くないものなんでしょうか?

 

バイオレットライトという言葉を知っていますか?

ここでひとつ質問です。

 

「バイオレットライト」という言葉を

聞いたことはあるでしょうか?

 

最近ちょっとテレビとかでも

取り上げられたりもしていたり、

 

バイオレットライトを透過するレンズとして、

JINSから「JINSこどもレンズ」というものが発売されていたりして、

聞いたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。

 

バイオレットライトというのはその名の通り、

紫色の光です。

 

紫外線に限りなく近いけれども、

ギリギリ目に見える紫色の可視光線なんですね。

 

具体的には波長が「380nm」あたりの光のことを

バイオレットライトと言います。

 

バイオレットライトが近視を抑制するという研究データが登場しています。

そのバイオレットライト。

 

実は、近視を抑制するのではないかという

研究データが登場しています。

 

大人の近視って、

そのほとんどは、

眼球の軸が長くなってしまうことが原因です。

 

バイオレットライトは、

その眼軸の軸が長くなってしまうのを

抑える働きがあるのではないかと考えられているんです。

 

関連記事:「バイオレットライト(紫光)」とは一体なんなのか?

 

UVカット機能がついていると、近視が進行してしまう?

ICLのレンズには

紫外線UVカット機能がついています。

 

世の中のほとんどのUVカット製品は、

波長が400nm以下の光を

カットできるように作られています。

 

UV400とかいう言葉を聞いたことはありませんか?

 

波長400nm以下の光を

カットしますよという意味です。

 

バイオレットライトの波長は380nmなので、

UV400の性能をもった製品の場合、

紫外線と一緒にバイオレットライト(紫光)も

カットしてしまうんですね。

 

おそらく、

ICLのレンズもUV400の性能をもっていると思われるので、

バイオレットライトも

カットしてしまうのではないかと思います。

 

バイオレットライトが

本当に眼軸長の伸びを抑制する働きをもっているのであれば、

ICLのレンズを眼内に入れている限り、

眼軸長は伸びやすくなってしまうということになってしまいます。

 

つまりは近視が進行しやすくなってしまうということですね。

 

ここらへんはまだまだ研究段階のようなので、

なんとも言えませんが、

今後は、JINSがバイオレットライトは通すレンズを開発したように、

ICLのレンズもバイオレットライトだけは通すように

改良されるという可能性もあるのかもしれません。

 

白内障や加齢性黄斑変性の予防にはいいかもしれません。

ちなみに、

バイオレットライトが近視を抑制する可能性があるとは言っても、

やはり波長が短い光は、

エネルギーも高いので、

目や体にダメージを与えやすいというのには違いありません。

 

紫外線が原因の目の病気というと、

白内障や加齢性黄斑変性などがあります。

 

紫外線によって水晶体がダメージを受けて、

白く濁ってきてしまったりするんですね。

 

ICLのUVカット仕様のレンズは、

そういった紫外線による白内障や、

加齢性黄斑変性を抑える働きはあるのかもしれません。

 

ただ、ICLの場合、

レンズの位置が虹彩と水晶体のあいだにあります。

 

水晶体との距離がものすごく近いです。

 

レンズと水晶体が接触することも考えられます。

 

レンズがUVカット仕様でも、

レンズの存在そのものが

白内障の原因になってしまうということもありえます。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。