レーシックをするとドライアイになりやすくなるというけど何故?

レーシックって視力回復するのはいいのですが、

術後にドライアイになりやすいというデメリットもあります。

 

ドライアイ以外にもハローやグレアといった問題も発生したりします。

 

やっと裸眼でもよく見えるようになった!

と思ったら今度はドライアイに悩まされる。。

 

良いとはいえない展開です。

 

なぜレーシックをするとドライアイになりやすいんでしょうか?

 

角膜の知覚神経も切っちゃうから

レーシックをすると

なぜドライアイになりやすくなるのかというと、

フラップを作るときに角膜の知覚神経も切っちゃうからです。

 

実は角膜には知覚神経というものがあって、

角膜が乾燥していないかをチェックしています。

 

で、乾燥してるな〜と思ったら、

涙腺に司令をだして、涙をださせるわけなんですね。

 

レーシックをすると

その知覚神経が切れてしまって

角膜が乾燥しているかどうかをチェックできなくなっちゃうんです。

 

で、気づいたら角膜が乾燥して

ドライアイになって目が痛くなってくると。

 

とはいえ、

切れた知覚神経も数ヶ月から1年ぐらいで

元に戻るんだそうです。

 

なので、レーシックをしたばかりの段階であれば

しばらく様子をみます。

 

ただ、中には元通りに回復しないこともあるらしく、

ドライアイに悩まされ続けます。

 

いやだ〜!

 

もともとドライアイの人は要注意

ちなみに、

もともとドライアイの人が

レーシックを受けるときには要注意です。

 

コンタクトレンズをすると目が乾くということで

レーシックにしたいという人は多いですが、

 

そういう人がレーシックを受けても、

さらに悪化する可能性があるんです。

 

ここらへんは気をつけないといけません。

 

ちなみに、レーシックを受けて

ドライアイになってしまったという場合には

涙点プラグをしてみるのがオススメです。

 

涙点プラグというのは目頭にある涙点という穴を

ふさぐプラグなんですが、

ドライアイの改善には高い効果をもっています。

 

もし、ドライアイになっちゃった!

という場合にはチェックしてみてください。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

ドライアイの改善には涙点プラグがいいというけどなぜなんでしょう?

イントラレーシックと普通のレーシックってどんな違いがあるのか?

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。