レーシックを受けると眼圧測定が正常にできなくなる?

レーシックを受けることのデメリットのひとつに、

眼圧が正常に測れなくなるというものがあります。

 

なぜ、レーシックを受けると

眼圧を正常に測れなくなってしまうんでしょうか?

 

そもそも、眼圧はどうやって測るのか?

そもそも、

眼圧というのはどうやって測るんでしょうか?

 

知らないという人も少なくないと思います。

 

眼圧を測る方法は大きくわけて2つあります。

 

どちらの方法も、

仕組み的には似たようなものですけどね。

 

ひとつは、

ノンコンタクトトノメーターという機器を使って眼圧を測る方法。

 

そして、もうひとつは

アプラネーショントノメーターという機器を使って眼圧を測る方法です。

 

ちなみにアプラネーショントノメーターは

別名ゴールドマン眼圧計とも呼ばれたりします。

 

目の角膜に圧力をかけて、どれくらい凹むかを測定する。

ノンコンタクトトノメーターと

ゴールドマン眼圧計。

 

仕組み的にはどちらも似たようなもので、

目の角膜に圧力をかけて、

その凹み具合を測定することによって眼圧をチェックします。

 

ただ、大きく違うのはその方法です。

 

ノンコンタクトトノメーターは、

角膜に「空気圧」を当てることによって圧力をかけます。

 

だから「ノンコンタクト」なんですね。

 

それに対して、

ゴールドマン眼圧計は、

目の角膜に、直接、機器を押し当てます。

 

分かりやすい方法ですね。

 

ちなみに、精度が高いのは

ゴールドマン眼圧計の方です。

 

でも、目の角膜に直接機器を押し当てるので、

角膜に傷がつく可能性がありますし、

衛生面でも気を使わなければなりません。

 

そんなこともあって、

とりあえず眼圧を測るのであれば、

空気圧を使ったノンコンタクトトノメーターが

使われることが多いようです。

 

レーシックによって、角膜が薄くなっていたらどうなるでしょうか?

眼圧を測るには、

どちらのしても角膜に圧力をかけます。

 

レーシックというのは角膜を削ることで

視力回復させる手術法です。

 

レーシックの手術後には角膜は薄くなっています。

 

その、薄くなった角膜に対して

圧力をかけるとどうなるでしょうか?

 

例えば、厚みが1ミリ程度のゴムボールがあるとします。

中身は水です。

 

そのゴムボールを指で突っついてみるところを

想像してみてください。

 

ある程度の弾力が指に感じられると思います。

 

そのゴムボールの一部の厚みが、

半分の0.5mmになったとしたらどうでしょうか?

 

その部分を指で突っついてみるとどうでしょうか?

 

薄くなった分、

弾力が減って、

ゴムボールが凹みやすくなっているのではないでしょうか。

 

極端な話をすると、

レーシックを受けた眼球はそんな感じになっているんです。

 

同じ圧力でも、眼球が凹む量が増えてしまう。

レーシックによって薄くなった角膜に

圧力がかかった場合、

 

レーシックを受ける前の状態に比べて、

角膜はだんぜん凹みやすくなります。

 

強度が落ちていますからね。

 

眼圧というのは、

角膜に圧力をかけて、

その凹み具合をチェックして測定するものでした。

 

となると、レーシックを受ける前と、

レーシックを受けた後。

 

違う眼圧になってしまっても不思議ではありません。

 

通常よりも、眼圧が低く測定されてしまう傾向があります。

一般的に、眼圧が高いほどに、

眼球は凹みにくくなります。

 

パンパンに空気がはいった自転車のタイヤとか、

指でチカラをいれてもなかなか凹みませんもんね。

 

でも、そのタイヤの厚みが

半分になったとしたらどうでしょうか?

 

空気圧は同じでも、

タイヤの強度が落ちて、

指で押したときに凹みやすく

なっているのではないでしょうか?

 

それと同じことが眼球にも言えます。

 

レーシックによって角膜が薄くなっていると、

同じ眼圧であっても、

眼球は凹みやすくなってしまうんです。

 

つまりは、眼圧が低いように感じられてしまうんですね。

 

この状態。

 

なにが問題になってくるのかというと、

実際の眼圧が緑内障の疑いがあるほどに高くなっていたとしても、

データとしては特に問題ない眼圧の数字として

出てしまう可能性があるということなんです。

 

例えば、実際の眼圧が22mmhgだったとしても、

測定データとしては16mmhgとしてでてしまうとかですね。

 

眼圧の正常値は10mmhg〜20mmhgだと言われています。

 

なので、

もし、レーシックを受けたあとに

眼圧を測る機会があったときは、

眼科医さんにきちんとレーシックを受けたことを

自己申告しておいたほうがよさそうです。

 

参考記事:眼圧が高くなってしまう理由はなんなんでしょうか?下げる方法も!

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。