メガネの購入代金は医療費控除にできるんでしょうか?

今度、メガネを新調しようかと思っているのですが、

メガネの購入代金って、

医療費控除にすることってできるんでしょうか?

 

今、お医者さんと関わっていますか?

新しく買ったメガネを医療費控除にしたいと思うなら、

最低条件として、

お医者さんと関わっている必要があります。

 

今、お医者さんと関わっていますか?

 

なんとなく視力が落ちたから新しくメガネを新調したいとかいう理由では、

医療費控除として認められないんです。

 

今使っているメガネのデザインに飽きたから!

とかだとなおさらです。

 

実際に、新しいメガネが必要である症状を、

今、患っていないといけないんです。

 

視力が悪いというのもそういう症状だと思うんですけどね。。

残念ながらそれは医療費控除として認められていません。

 

医療費控除にするには、白内障や緑内障などの眼病である証拠が必要です。

メガネの購入代金を医療費控除として認めてもらうためには、

その証拠となる処方箋を、

お医者さんに書いてもらう必要があります。

 

具体的な病名で言えば、白内障や緑内障ですね。

 

ちなみに医療費控除にできる病名は指定されています。

以下な感じです。

 

  • 弱視
  • 斜視
  • 白内障
  • 緑内障
  • 不等像性眼精疲労
  • 変性近視
  • 網膜色素変性症
  • 視神経炎
  • 網脈絡膜炎
  • 角膜炎
  • 角膜外傷
  • 虹彩炎

引用元:https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/53.htm

 

どうでしょうか?

おなじみの病名もあれば、あまり見慣れない病名もありますね。

 

もし、これらの眼病を患っているのであれば、

メガネの購入代金を医療費控除できるかもしれません。

 

ただ、これをクリアしていても、

次のハードルが待ち構えています。

 

しかも、10万円以上のメガネじゃないと医療費控除できません。

次のハードルとは、医療費控除にするには、

10万円以上のメガネを購入する必要があるということです。

 

メガネで10万円以上って実際のところあまりないですよね。

高くても8〜9万円ということが多いのではないでしょうか?

 

10万円を超えるにはデザイナーズブランドメガネである必要がでてきますが、

特別に高価な材料とか、高価な装飾が施されている場合には、

医療費控除として認められない可能性もあります。

 

ちなみに、なんで10万円以上のメガネでなければいけないかというと、

医療費控除できる額は、

実際に医療費にかかった額から10万円を引いた額だからです。

 

かかった医療費をそっくりそのまま控除できるわけではないんですね。

 

仮にメガネが20万だった場合は、

20万から10万円を引いて残った額、

つまりは10万円分だけを医療費控除にすることができます。

 

コンタクトレンズも医療費控除にすることは難しいです。

ちなみに、メガネ以外にも、

コンタクトレンズも医療費控除にすることは可能なのですが、

実際に眼病である必要があります。

 

そして、その眼病を治すために、

コンタクトレンズが必要である状況じゃなきゃだめなのです。

 

余裕で10万円以上する、オルソケラトロジーやレーシックなら検討の余地あり。

ちなみに、メガネやコンタクトレンズは、

ただ視力が悪いというだけでは医療費控除にすることは難しいのですが、

 

オルソケラトロジーやレーシックは、

受けるだけで医療費控除として認められます。

 

オルソケラトロジーやレーシックの場合は、

医療費も高額なので、10万円以上は確実にするかと思います。

 

もし、オルソケラトロジーやレーシックも検討しているという場合は、

医療費控除することを忘れないようにしてくださいね。

 

関連記事:コンタクトレンズ代は医療費控除の対象にすることができる!?

関連記事:オルソケラトロジーは医療費控除の対象になりますか?【確定申告】

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。