ナノビルベリーとミルトアルゴスって似てるけどどう違うんでしょう?

「目に良い」というのは多くの人がご存じの、ブルーベリー。

このブルーベリーをサプリとして手軽に摂取できる方法が人気となっており、

さまざまな製品が登場していますよね。

 

有名どころでは「ブルーベリーアイ」や

「北の国から届いたブルーベリー」などがあります。

 

では、これらに含まれているブルーベリーの成分というのは

それぞれ名称が違いますが、いったい何が違うのでしょうか?

 

目に良い!糖尿病にも良い!ビルベリーって何?

まず、CMでも見かける機会の多いわかさ生活の「ブルーベリーアイ」。

こちらは、ナノビルベリーという成分が含まれているようです。

 

一方、やわたの「北の国から届いたブルーベリー」や、

えがおの「えがおのブルーベリー」には、

ミルトアルゴスという成分が含まれています。

 

どちらにも共通するのが、これらの成分は「ビルベリー」から

抽出された成分だということです。

 

ビルベリーは、果実や花などの色素として知られる、

アントシアニンという成分を多く含んだ果実の一種です。

 

このビルベリーには血糖値を下げる働きや視力を改善させるという働きがあり、

目の健康のためにはもちろんのこと、

糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防・痴呆の予防・心疾患の予防など、

魅力的な効果をもたらしてくれるというんです。

 

では、このビルベリーに含まれた成分が体に良いというのはわかりましたが、

製品によってビルベリーの名称が違うとその効果はどう変わるのでしょうか?

 

ビルベリー成分を超吸収!どちらも進化したビルベリー成分

まず、ナノビルベリー。

こちらはその名の通り「ナノ」サイズ、

つまり100万分の1ミリというサイズのとても小さな小さなビルベリー成分です。

 

体に良いとされるビルベリー成分を小さくしたことで、

より体へ吸収されやすくなったというわけなんですね。

 

一方、ミルトアルゴスという成分ですが、

ビルベリーに含まれるアントシアニンは体の中に取り込まれると

酸化しやすいという弱点を持っています。

 

この酸化を防いで腸までしっかり届くように作られたのが、

ミルトアルゴスなんです。

 

どちらの成分も、より体にしっかりと吸収されるように開発された、

ビルベリーの新しい成分だと言えるでしょう。

 

どちらがより良いの?ということも気になると思いますが、

製品によってはビルベリー成分以外にもビタミン・コラーゲン・アミノ酸といった、

体にとって嬉しい成分がたくさん含まれているようです。

 

ですからナノビルベリーやミルトアルゴスが含まれた製品をよく調べ、

自分にとってより気になる成分を含んだものを飲んでみると良いでしょう。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

ブルーベリーアイを飲み続けていると副作用がでるのでしょうか?

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。