ドライアイの改善のために眼輪筋を鍛えるトレーニングが必要な理由

眼輪筋って知ってますか?

 

私達の目の周りを取り囲んでいる

ドーナツ状の筋肉です。

 

ドーナツの穴の部分が目で、

ドーナツの部分が筋肉みたいな感じです。

 

上の写真の目のまわりの円状になった部分ですね。

ちょっと気持ち悪い写真ですみません(笑)

 

そんな眼輪筋なのですが、

眼輪筋が衰えるとドライアイになりやすくなったりします。

 

それはなんでなんでしょうか?

 

チカラが弱くて目が閉じきらない!

まばたきをするときって、

ちゃんと目を閉じきっていますか?

 

「閉じきってるに決まってるじゃん!」

 

って思うかもしれませんが、

実は当たり前じゃなかったりすることもあるんです。

 

不完全瞬目(瞬目不全とも言います)

という言葉があるんですが、

簡単に言うとまばたきが閉じきらない症状のことです。

 

患者数については

ちょっと詳しいことがわからないのですが、

その数は増えてきているようなんです。

 

目が閉じきらないということは、

閉じきらない部分は常に外気にさらされるということです。

 

ちゃんとまぶたが閉じきらないので

眼球の表面の涙もきちんと循環しません。

 

そりゃドライアイになっちゃいますよね。

 

なんで目が閉じきらないなんてことになるのか?

ずばり、眼輪筋が弱っているからです!

 

なかなか気づかれにくいドライアイの原因だったりします。

 

眼輪筋トレーニングすることで閉じるようになります

ちなみに「不完全瞬目」は

眼輪筋のトレーニングをすることで治すこともできます。

 

筋肉なのでトレーニングすれば

ちゃんとチカラがついてきます。

 

高齢者であっても大丈夫です。

 

筋肉ってあんまり年齢関係なくつくものです。

筋肉ムキムキのおじいちゃんだっているじゃないですか。

 

というわけで、

眼輪筋のトレーニング方法なのですが

石川眼科医院のサイトがとてもよく分かりやすいので

チェックしてみることをオススメします。

 

ここの院長の石川秀夫さんは

ドライアイは自分で治す 努力で治る

という本も出版しています。

 

動画で見ることもできるので

気になるという人はチェックしてみてください。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

まばたきとドライアイには深い関係があるらしいけどどんな関係?

ドライアイの改善には涙点プラグがいいというけどなぜなんでしょう? 

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。