フェイキックIOLを受けると「医療費控除」を受けることができます。

高額な医療費がかかった場合、

その医療費を課税所得から控除することができる

「医療費控除」というものがあります。

 

確定申告のときに医療費控除の申請をすると、

払い過ぎた税金が戻ってくるんですね。

 

フェイキックIOLも医療費控除を受けることができます。

 

医療費控除を受けるには、ひとつ「条件」があります。

医療費控除の制度を利用するためには、

ひとつだけ条件があります。

 

かかった医療費すべてを

医療費控除として申請することはできないんですね。

 

例えば、歯医者でかかった医療費。

 

ちょっとした虫歯の治療の場合は、

それを医療費控除することは難しいです。

 

条件を満たせない可能性が高いからです。

 

医療費控除を受けるには

いったいどんな条件をみたす必要があるんでしょうか。

 

医療費が「10万円」を超えていることが条件。

医療費控除を受けるための条件。

 

それは、医療費が

「10万円」を超えていることです。

 

ちょっとした虫歯の場合って、

せいぜい医療費は数千円ぐらいですよね。

 

それぐらいの医療費の場合は

医療費控除として申請することはできないんですね。

 

これが、

ちょっとした虫歯の治療ではなくて、

 

インプラントやセラミックの歯にするなど、

10万円以上の医療費がかかる場合であれば、

医療費控除を受けることができるようになります。

 

フェイキックIOLの場合は両目でだいたい「60万円」はかかるので条件クリアです。

フェイキックIOLの場合、

だいたい相場は片目で30万円前後だと思います。

 

両目だと60万円ですね。

 

余裕で10万円の医療費を超えてしまいますね。

 

なので、

フェイキックIOLを受けた場合は、

必ず医療費控除を受けることができるはずです。

 

ただ、

10万円を超えていれば

60万円全額を医療費控除として

申請できるというわけではなくて、

10万円分を差し引いた額しか申請できません。

 

60万円−10万円で

50万円を医療費控除として

申請できるという感じになります。

 

具体的に、医療費控除でどれくらいのお金が戻ってくるのか?

フェイキックIOLにかかる費用が

医療費控除に使えることはわかりました。

 

その次に気になるのは、

具体的にどれくらいのお金がもどってくるのかですよね。

 

実は、どれくらいのお金がもどってくるのかは、

人によって違います。

 

人によって違うというか、

どれくらい国に税金を払っているのかによって

変わってくるんです。

 

というのも、医療費控除というのは、

国に支払ったお金を還してもらうという仕組みになっているからです。

 

国に多くのお金を支払った人ほど、

もどってくるお金の額も多くなってきます。

 

年収300万円の場合、約「7.5万円」が還ってきます。

それでは具体的に、

年収300万円の人が60万円のフェイキックIOLを受けて、

医療費控除として申請した場合、

どれくらいのお金がもどってくるのかを計算してみましょう。

 

年収300万円の場合、

一般的に課税所得はだいたい110万円ほどになります。

 

その110万円に対して、

税金がかかっているんですね。

 

所得税と住民税です。

 

所得税が5.5万円ほど、

住民税が11万円ほど、

合計で16.5万円が税金でもっていかれています。

 

フェイキックIOLにかかったお金を

医療費控除として申請すると、

課税所得110万円から、

50万円差し引くことができるんですね。

 

つまりは課税所得が60万円になります。

 

そうすると、

所得税が3万円、住民税が6万円になって、

合計9万円になります。

 

医療費控除する前は16.5万円でした。

 

その差額を還してもらえるんですね。

16.5−9で7.5万円です。

 

年収300万円の人の場合は、

フェイキックIOLにかかった費用を医療費控除することで、

だいたい7.5万円を還してもらえることになります。

 

年収600万円の場合、約「10万円」が還ってきます。

それでは次に、

年収600万円の人の場合はどうでしょうか。

 

年収600万円の人の場合の課税所得は

だいたい300万円ほどになります。

 

それに対して所得税と住民税がかかります。

 

所得税はだいたい20万円、

住民税はだいたい30万円ほどになります。

合計50万円が税金でもっていかれています。

 

それを医療費控除すると、

課税所得が250万円ほどになります。

 

そうすると所得税はだいたい15万円、

住民税はだいたい25万円ほどになって、

合計40万円ほどになります。

 

医療費控除前の税金との差額は10万円ほどですね。

 

年収600万円の人の場合は、

フェイキックIOLの医療費控除によって

10万円を還してもらえるということですね。

 

年収300万の人にくらべて2.5万円ほど多くなります。

 

年収1000万円の場合、約「15万円」が還ってきます。

それでは次に、

年収1000万円の人の場合はどうでしょうか。

 

年収1000万の人の場合、

課税所得はだいたい610万円ほどになります。

 

それに対して税金がかかります。

 

所得税がだいたい79万円、

住民税が61万ほどです。

合計で、約140万円ですね。

 

そして、医療費控除をすると課税所得が560万円ほどになります。

 

そのときの所得税は69万円、

住民税は56万円になります。

 

合計すると125万円です。

 

医療費控除する前と比べて15万円ほど安くなっていますね。

 

年収1000万円の人の場合、

その15万円を還してもらえることになります。

 

年収300万円の人に比べて2倍ぐらい多いですね。

 

※税金の計算は単身者を想定しています。

※扶養家族がいる方は、還って来る額がもうちょっと少なくなります。

 

関連記事:コンタクトレンズ代は医療費控除の対象にすることができる!?

関連記事:メガネの購入代金は医療費控除にできるんでしょうか?

関連記事:オルソケラトロジーは医療費控除の対象になりますか?【確定申告】

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。