リレックススマイルとレーシック、どっちのほうが安全性が高い?

視力回復手術には

いくつか種類があります。

 

新しいものとしては

リレックススマイルというものも登場しています。

 

リレックススマイルとレーシックは、

どっちのほうが安全性が高いのでしょうか?

 

今のところ、レーシックの方が安全性は高そうです。

リレックススマイルとレーシック。

 

どっちの方が安全性が高いかと言われれば、

今のところはまだレーシックのほうが

安全性が高そうです。

 

リレックススマイルは

ポストレーシックと呼ばれたりする

次世代の視力回復手術です。

 

なので、安全性も当然

レーシックよりも高そうに感じてしまうのですが、

そうとも言えないんです。

 

一体なぜなんでしょうか?

 

リレックススマイルは再手術が難しいという問題が残っています。

それは、リレックススマイルは

今のところ再手術をすることができないからです。

 

リレックススマイルを受けることができるのは

一生で1度きりです。

 

リレックススマイルによる

再手術は技術的に難しいんですね。

 

というのも、

リレックススマイルは極端に言えば、

角膜の中に空洞を作るような視力矯正手術です。

 

角膜の中にすでに空洞があるのに、

もう一度空洞を作るというのはかなり難しいようです。

 

ただでさえ、

厚み約0.5mmというとても薄い角膜の中に

空洞を作るんですし。

 

リレックススマイルの技術で

再手術を行うことはできても、

切り取ったシートをきれいに角膜の中から取り出すことは

かなり難しいのではないかと思います。

 

極端な例で言えば、

1度書いた文字の上を、

もう一度なぞるようなものなのではないでしょうか。

 

どんなききれいになぞるつもりでも、

どうしてもはみ出したり、

なぞり足りない部分がでてきてしまいますよね。

 

そういった部分は、

角膜の中に小さな切れ端として残ってしまいます。

 

だからこそ、

再手術はできないと言われているんですね。

 

参考記事:リレックススマイルって再手術は可能なんでしょうか?

 

再手術が必要になった場合は、レーシックになります。

でも、一応安心してください。

 

リレックススマイルによる

再手術というのはできないのですが、

レーシックによる再手術は行うことができます。

 

角膜にフラップを作って、

角膜実質をエキシマレーザーによって矯正します。

 

ただ、最初からレーシックを受けていた場合の再手術と、

リレックススマイルを受けてからの再手術の場合を比べると、

リレックススマイルを受けてからの再手術のほうが

色々と問題が発生しそうです。

 

何が問題なのかというと、

やはり、

角膜の中に空洞ができてしまっていることです。

 

最初からレーシックを受けていた場合、

再手術のときはすでにあるフラップを

めくればいいだけなのですが、

 

リレックススマイルの場合、

新たにフラップを作らなければいけません。

 

でも角膜の中にすでに空洞があるんです。

 

フラップの厚みを

どれくらいにするのかという

問題が発生するのではないでしょうか?

 

すでにある空洞の位置に

きちんと合わせないと、

フラップを作ったときに

薄い切れ端ができてしまってもおかしくありません。

 

そういうわけで、

レーシックの再手術よりも

リスクが上がるのは避けられないのではないでしょうか。

 

安全性を求めるならフラップを作らないPRKという選択肢も。

レーシックのほうが

リレックススマイルよりも安全性が高そうだといっても、

レーシックにも十分にリスクがともないます。

 

目の角膜にフラップを作るので、

フラップにまつわるトラブルが発生する可能性がありますし。

 

角膜の厚みも

薄くなるという問題があります。

 

なので、視力回復手術に安全性を求めるのであれば、

PRKという視力回復手術を検討してみるのもいいかもしれません。

 

PRKというのは

レーシックとは違ってフラップを作りません。

 

だからといって、

リレックススマイルのように

角膜の中に空洞を作る方法でもありません。

 

シンプルに、角膜の表面を、

直接エキシマレーザーで削っていきます。

 

レーシックやリレックススマイルに比べて

角膜の厚みを多く残すことができますし、

フラップにまつわる問題が発生しません。

 

ただし、PRKは角膜の痛みを感じる神経も削ってしまうので、

術後に目に痛みを感じやすいというデメリットはあります。

 

参考記事:「PRK」って一体どんな視力矯正手術法なんでしょうか?

 

どちらにしても視力回復手術にはリスクがともなうのは避けられません。

ちなみに、目にフラップを作らない視力回復手術には

PRKの他にもラゼックやエピレーシックというものがあります。

 

ただ、どの視力回復手術にも、

必ずリスクはあります。

 

リスクのない視力回復手術は存在しません。

 

リスクが高い手術か、

リスクが低い手術かの違いは多少ありますけどね。

 

そういうわけで、リレックススマイルやレーシック、

その他の視力回復手術を受けようとする場合は、

そのリスクを十分に理解してから受けることをオススメします。

 

関連記事:「ラゼック」って一体どんな視力回復手術法なんでしょうか?

関連記事:エピレーシックって一体どんな視力回復手術法なんでしょうか?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。