逆さまつ毛は「眼科」と「美容形成外科」どっちで手術するのがいい?

まつ毛が外向きではなく、

内側に向いてしまう症状である「逆さまつげ」。

 

まつ毛が眼球に当ってしまうので痛くなったり痒くなったり。

手術で治すことを検討している人も少なくないのではないでしょうか?

 

逆さまつげは「眼科」と「美容形成外科」

どちらででも治すことができます。

 

どっちのほうがいいのでしょうか?

 

少しでも「見た目」が気になるのであれば「美容形成外科」がオススメ。

逆さまつ毛の手術は、

「眼科」と「美容形成外科」で受けることができます。

 

どちらでも受けられるのであれば、

「術後の見た目にも責任を持ってくれる美容整形外科で受けたい!」

という人がほとんどだと思いますが、

問題点もあります。

 

ズバリ、費用の問題

 

逆さまつ毛の手術って保険適用で受けることができるのですが、

美容形成外科の場合は「保険適用できない」場合も多いんです。

 

見た目の仕上がりにこだわりをもつ

美容形成外科ほど保険適用できない傾向に思えます。

 

ちなみに、保険適用ではない場合の

手術費用は約10万円前後となります。

保険適用であれば約1〜2万円

 

かなり違いますよね。

 

ですが、逆さまつ毛を治すことよりも、

きれいな二重にしたいという思いの方が強いのであれば、

お値段は張りますが、

信頼のおける美容形成外科で手術を受けることをオススメします。

 

※逆さまつ毛の手術を受けると、必然的にまぶたが二重になります!

二重まぶたを作るときの手術方法(埋没法)と

逆さまつ毛を治すための手術方法は同じだからです。

 

参考サイト:眼科などの健康保険で行う上まぶたの逆さまつ毛を治す手術と二重まぶた埋没法や切開法は同じなのか?(高須クリニックのサイトです。)

 

とにかく逆さまつげを治したい!という場合は「眼科」へ。

逆さまつ毛が悪さをして、

毎日、目の痒さや痛みで困っている。

 

すぐにでも改善したいという場合には

眼科で手術を受けるのがオススメです。

 

眼科で逆さまつ毛の手術を受けるのであれば

問題なく保険適用で受けることができますし、

逆さまつ毛は確実に改善されます。

(おそらく99%以上)

 

気になる見た目の仕上がりですが、

眼科で手術を受ける場合には、

二重の幅がなるべく「小さく(細く)」なるように手術されることが多いです。

 

その方が逆さまつ毛を治しやすいからです。

 

結果として、二重になるとしても

それほどパッチリとした二重にはなりにくい傾向があります。

 

ただ、眼科でも美容形成外科でも「術後のリスク」を「ゼロ」にはできません。

眼科で手術を受ける場合も、

美容形成外科で手術を受ける場合も、

術後のリスクを完全にゼロにすることは難しいです。

 

歯医者とかでもそうですよね。

奥歯の噛み合わせとか、

ちょっとしたズレでも最初のうちはかなり気になるものです。

 

逆さまつ毛の手術の場合でも、

ちょっとした変化がかなり気になるかもしれません。

 

ましてや、人の印象を決定づけるような

目のまぶたの変化ですから。

 

なので、逆さまつ毛の手術を受ける場合には、

眼科にしろ、美容形成外科にしろ、

信頼のおける先生のところで受けることをオススメします。

 

手術しない逆さまつ毛改善法である「まつげパーマ」もオススメ!

ちなみに、逆さまつ毛を改善する方法は

手術だけではありません。

 

ピンセットでまつ毛を抜くとかではありませんよ。

 

実は、「まつげパーマ」でも

逆さまつ毛を改善することができるんです。

 

知ってましたか?

 

まつげパーマをすることで、

内向きの毛の流れを外向きにすることができるからなんですね。

 

最近では、眼科でもいきなり手術を提案するのではなくて、

まつげパーマで様子を見ましょうというところも増えているようです。

 

ちなみに、まつげパーマというと

女の人だけしか受けられなそうな印象がありますが、

実は男の人でも受けることができます

 

というのもまつげパーマといっても、

カール具合は選ぶことができるからです。

 

ほぼ、ストレートに近いパーマを選べば男の人でも大丈夫です。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。