コンタクトレンズを装着したままサウナに入れるのか?

コンタクトレンズを装着したままサウナって入れるんでしょうか?

 

普段、お風呂には裸眼で入るけれども、

サウナだと裸眼ではきびしいという近視の人にとっては

かなり気になるポイントですよね。

 

コンタクトレンズを装着してのサウナは「ダメ」ではないです。

コンタクトレンズを装着してのサウナ。

なんとなくイメージ的にはダメそうな感じがするのですが、

「ダメ」と断定されているわけではありません。

 

コンタクトレンズメーカーであるアイミーのサイトにはこう書かれています。

 

Q、コンタクトレンズをつけたままサウナに入れますか?

A、コンタクトレンズが乾燥して、ズレたりはずれやすくなる可能性がありますので、できればはずした方が安心です。

 

できれば」と書かれているだけで「ダメ」とは書かれていません。

 

つまりはコンタクトレンズを装着してサウナに入っても

いいっちゃいいよということです。たぶん。。

自己責任でという感じだと思います。

 

人によって「OK」か「NG」かは変わってきます、試してみるしかありません。

ちなみに、コンタクトレンズをしたままサウナに入っても大丈夫かを

インターネットで調べてみると、

意外と「大丈夫」という意見が多かったりします。

 

まあコンタクトレンズメーカーでも

禁止されているわけではないので当然かもしれません。

 

ただ、人によってはやっぱりコンタクトレンズが乾いてしまって

厳しいこともあるみたいですね。

 

「ドライアイ」の人がコンタクトレンズをしてサウナに入るのは厳しいかも。

普段からドライアイの人は、

コンタクトレンズを装着してのサウナはかなり厳しいかもしれません。

 

ドライアイじゃない人は、

コンタクトレンズの水分が多少蒸発しても、

涙によってその水分を補うことができます。

 

でも、ドライアイの人は涙の分泌が少なくなっていることが多いので、

コンタクトレンズが目にすぐに張り付いてしまうことになりそうです。

 

だからといって「メガネ」を装着してのサウナは「危険」だったりします。

だからと言って、コンタクトレンズではなくて

メガネ」を装着してのサウナは別の「危険」を伴ったりします。

 

というのも、普通のメガネはプラスチック製か金属製ですよね。

どちらも熱によって「変形」する可能性があるものです。

 

金属は変形までいかずとも熱をもつので

フレームで「火傷」をする可能性もでてきたりします。

 

コンタクトレンズがダメなら「お風呂用メガネ」を試してみるのがオススメです。

ちなみに、普通のメガネだとサウナはだめなのですが、

世の中には「お風呂用メガネ」という商品が存在します。

 

金属は使わずに、

熱に強い材質である「TR-90」や「ポリカーボネート」のみで作られた

お風呂専用のメガネです。

 

ドライアイで、コンタクトレンズを装着してサウナに入るのは厳しいという人は

ぜひチェックしてみてください。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。