そろそろ老眼になりそうな年齢。レーシックは受けないほうがいい?

そろそろ老眼が始まるかもしれない40歳前後。

 

レーシックを受けると

老眼が加速するとも言われています。

 

レーシックは受けないほうがいいんでしょうか?

 

その人の、ライフスタイルにも依るかもしれません。

そろそろ老眼が始まりそうな40歳。

 

レーシックをするかしないかは、

その人のライフスタイルに

大きく左右されるかもしれません。

 

老眼というのは、

ほぼ確実にすべての人がなる現象です。

 

老いることを避けられる人がいないように、

老眼を避けられる人はいません。

 

ただ、もともと近視の人は、

老眼になっても

気づきにくいということはあります。

 

レーシックを受けようと考える人は

まず間違いなく近視だと思います。

 

もうすでに老眼が始まっていたとしても、

気づいていない可能性もあります。

 

近視には近視なりの

メリットのようなものもあるんですね。

 

老眼になっても老眼鏡がいらないんですから。

 

関連記事:近視の人は「老眼」にならないというのは本当なのか?

 

デスクワークなど、近くを見ることが多い人はやめておいたほうがいいかも。

例えば、

普段はデスクワークなどで

近くを見ることが多い人の場合。

 

レーシックを受けるのは

やめておいたほうがいいかもしれません。

 

というのも、

40歳を超えてくると

老眼も始まってきます。

 

「自分は40歳を超えているけれども

老眼になってないよ?」

って思う人もいるかもしれません。

 

でも、さっきも言ったように、

老眼になっているんだけれども

老眼に気づいていないという可能性も大いにあります。

 

そういう人が、

レーシックを受けるとどうなるでしょうか?

 

通常の状態で、

近くのものにピントが合っていた目が、

遠くのものにピントが合うようになります。

 

反対に、近くのものを見るためには

水晶体の厚みを変えて

調節しなければいけなくなります。

 

でも、老眼というのは

その調節力がなくなる症状です。

 

つまり、

「レーシックを受けたら遠くは見えるようになったけど、

反対に近くのものが見えにくくなった!」

ということがありえるんですね。

 

レーシックを受けても、すぐに老眼鏡が必要になる可能性があります。

老眼になっているのだけれども、

近視のおかげで近くのものが良く見えていたのが、

 

レーシックを受けたら、

老眼の症状がはっきりと現れ始めて、

反対に近くのものが見えにくくなってしまった。

 

そうなったら、

老眼鏡をかけるしかありません。

 

せっかく、メガネやコンタクトレンズと

おさらばするためにレーシックを受けたはずなのに、

こんどは老眼鏡をかけなければいけなくなるんです。

 

本末転倒ではないでしょうか?

 

遠くを見ることが多い人は、検討してみてもいいかも。

でも、仕事柄、

遠くを見ることが多いという人もいると思います。

 

そういった人は、

確かに仕事中とか遠くを見ているときには、

メガネやコンタクトレンズから解放されます。

 

裸眼視力が良くなるので当然ですね。

 

ただ、それでもやっぱり

近くを見るのが困難になってくることは避けられません。

 

いくら普段は遠くを見ることが多いという人でも、

スマホを持っていないという人は

かなり少ないのではないでしょうか。

 

スマホをみるときに

文字が読みにくいということは大いにあるかもしれません。

 

ただし、10年後には視力1.0以下になっている可能性は少なくありません。

そして、もうひとつ。

 

レーシックを受けた直後は

視力1.5とか2.0とかになるかもしれませんが、

手術をうけてから10年後とかになると、

その視力は維持できていない可能性が高いです。

 

レーシックを受けても

結局視力が1.0を切ってしまう人は少なくないんですね。

 

そうなると、

遠くを見るのにはやっぱりメガネが必要

ということになってくる可能性があります。

 

そして、近くを見るのにも

老眼鏡が必要という可能性もあるんですね。

 

それはちょっと避けたいところですよね。

 

なので、そろそろ老眼になりそうな年齢という人は、

レーシックを受けるときは

そのリスクを十分に検討してから受けるようにしてみてください。

 

参考記事:レーシックをした後に、近視に戻る確率ってどれくらいなんでしょうか?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。