睫毛乱生を手術するなら、電気分解とレーザーのどっちがいい?

睫毛乱生(しょうもうらんせい)が原因の逆さまつ毛の手術。

 

針で電気分解してまつ毛を脱毛する方法と、

レーザーを直接当てて脱毛する方法の2つがあります。

 

どっちの方がいいんでしょうか?

 

個人的には、歴史のある「電気分解」の方がいいのではないかと思います。

逆さまつ毛の手術。

 

まつ毛を永久的に生えてこなくする方法として、

電気針を使った睫毛電気分解と、

医療用レーザーを使った方法の2つがあります。

 

手術をするとなると、

どっちにするか迷うと思います。

 

一体どっちの方がいいんでしょうか?

 

個人的には、針による電気分解の方が

いいのではないかなと思います。

 

その理由は、電気分解には「歴史」があるからです。

 

つまりは、昔からまつ毛の脱毛の方法として

行われてきた方法ということです。

 

それに対してレーザーが登場したのは最近のことです。

 

電気分解の方が、まつ毛がまた生えてくる確率が低いのではないか?

また、針による電気分解によるまつ毛脱毛の方が、

まつ毛がまた生えてくる確率が

低いのではないかというのもあります。

 

まつ毛の場合、電気分解で脱毛しても、

また生えてくることがあるようなのですが、

 

それでもレーザーよりは確率は低いのではないかと思います。

 

というのも、

まつ毛の手術としての脱毛ではなく、

美容のための全身脱毛の場合、

 

永久脱毛できるとうたえるのは、

今のところ針による電気分解脱毛だけのようだからです。

 

レーザー脱毛も性能が上がってきているようなのですが、

まだまだ針の方が信頼性があるようです。

 

ただし、電気分解でまつ毛を脱毛する時は、かなり「痛い」かもしれません。

となると、レーザーよりも電気分解の方が

いいのではないかと思うかもしれません。

 

でも、針による電気分解には気になるデメリットがあります。

 

それは、かなり「痛い」ということです。

 

だって、想像してみてください。

 

針を毛穴につき刺して、

毛根に当てて、

その上で針に電気を流すんですよ?

 

かなり痛いのではないかと思います。

 

ちなみに私自身は体験したことがないので想像できませんが、

おそらく、毛をピンセットでつまんで引っこ抜くよりも

そうとう痛いのではないかと思います。

 

レーザーでは永久脱毛とうたえないのは、まだまだ歴史が浅いから?

その点、レーザーは電気分解ほどは痛くはないようです。

 

毛穴に針は差さないし、

毛根の黒い部分だけピンポイントで焼く感じですからね。

 

でも、レーザーを使った脱毛は

まだまだ永久脱毛とうたえないようです。

 

というのも、それを証明するための

臨床結果がまだまだ足りていないんですね。

 

つまりはまだまだ歴史が浅いということ。

 

今後、レーザーの方が電気分解よりもいいと判断される可能性はあります。

なので、今のところは逆さまつ毛の手術としては、

針を使った電気分解の方が確実なのではないかと思います。

 

でも、今後は分かりません。

 

レーザーの性能も将来的に上がるでしょうし、

照射の仕方も研究が進んで、

より高精度になるのではないでしょうか。

 

そうなると、あまり痛くない上に、

毛の再発率も針よりも低くなるという可能性もあります。

 

今後のレーザーの発展に注目ですね。

 

関連記事:睫毛乱生が原因の逆さまつげは手術で治したほうがいい?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。