「レーシック」って一体どんな視力回復手術法なんでしょうか?

視力回復手術といえばレーシックと言われるほど、

レーシックは知名度が高いですよね。

 

でも、具体的にレーシックが

どんな視力回復手術なのかを知らないという人も少なくないかもしれません。

 

レーシックは一体どんな視力回復手術法なんでしょうか?

 

痛いのが嫌だという人に向いている視力回復手術です。

まず、レーシックが

どんな人に向いているのかという話をします。

 

ズバリ、レーシックは痛いのが

嫌だという人に向いています。

 

というのもレーシックというのは

視力回復手術の中でも痛みの発生を極力抑えるように行うものだからです。

 

イメージとしては

目の手術というと痛そうな感じなのですが、

レーシックは手術中はもちろん、

手術後に麻酔が切れてからも、

あまり目に痛みが発生しません。

 

もともと、視力回復手術はレーシックの前にも存在していました。

 

PRKと呼ばれる手術です。

 

このPRKという手術は

目にかなりの痛みが発生します。

 

その痛みを極力なくすように進化したのが

レーシックなんですね。

 

手術後、すぐに視力が良くなるというのも特徴のひとつ。

レーシックのもうひとつの特徴。

 

それは、手術後にすぐに

視力が良くなるというところです。

 

PRKの場合は、

手術後すぐには視力が良くなりません。

 

むしろ、視界がぼやっとぼやけたような感じが

数日続きます。

 

それに対して、

レーシックの場合は手術してすぐに視力が良くなります。

 

視界クッキリという感じですね。

 

そんなこともあり、

レーシックの場合は日帰りで手術もできるし、

両目同時に手術を行うこともできます。

 

PRKの場合は手術後は視界がぼやけるので

片目ずつ手術を行うのがいいと言われています。

 

参考記事:「PRK」って一体どんな視力矯正手術法なんでしょうか?

参考記事:PRKは両目同時には手術できないと言われていますが何故なのか?

 

なぜ、レーシックは目の痛みが少ないのか?

ちなみに、なんでレーシックの場合は

目の痛みが少なくなるんでしょうか?

 

それは、目の角膜の痛みを感じる神経を

極力刺激することなく手術を行うからなんです。

 

目の角膜は厚みが約0.5mmほどのとても薄い組織なのですが、

その薄い角膜の中でも、

痛みを感じる神経は一部の層に集中しています。

 

「角膜上皮下神経叢」と呼ばれる部分で、

角膜上皮とボーマン層の間に存在しています。

 

ちなみに、角膜は5つの層で成り立っています。

 

上から、

角膜上皮、ボーマン層、角膜実質、デスメ層、角膜内皮

という感じです。

 

痛みを感じる神経が集中しているのは

ボーマン層よりも上の部分です。

 

つまりは、角膜実質には痛みを感じる神経があまりありません。

 

それを利用しているのがレーシックなんです。

 

角膜実質の部分をスライスするように、

フラップというものを作ります。

 

マンホールのフタみたいな感じで、

一部をヒンジとして残しておいて、

ペリッとめくれるようになっています。

 

これが、「角膜上皮」の部分をスライスするとなると

痛みを感じます。

 

でも「角膜実質」の部分をスライスするならば、

神経があまりないので痛みを感じにくいんですね。

 

ちなみに、レーシックではマイクロケラトームという器具を使って、

目の角膜の角膜実質の部分をスライスするようにしてフラップを作ります。

 

そして、フラップをめくり、

露出した角膜実質の部分にエキシマレーザーを照射して、

視力がでるように屈折率を矯正します。

 

レーザー照射が終わったらフラップを元にもどして終了です。

 

フラップを作ることのデメリットももちろんあります。

痛みを軽減してくれるフラップなのですが、

もちろん、フラップを作ることのデメリットもあります。

 

術後にフラップがズレる可能性があったり、

フラップの中に角膜上皮の細胞の一部が

入り込んでしまったりする可能性もあります。

 

角膜上皮は再生する細胞なので、

フラップの中で増殖すると、

視界にもちろん影響してきます。

 

そうなった場合、

フラップを再びペリッとめくり、

洗浄することになります。

 

そして、なによりも長期的にみたときのデメリットは、

角膜が薄くなってしまうということです。

 

マイクロケラトームを使ってフラップをつくるレーシックの場合、

フラップの厚みは約160μmになります。

 

一般的に角膜の平均的な厚みは約500μmと言われているので、

約3分の1弱の厚みがフラップだけで削られてしまうことになります。

 

そうなると、当然のことながら角膜の強度が落ちます。

 

術後すぐはいいかもしれませんが、

数十年後とかに、仮に眼圧が高くなってしまったとします。

 

そういうときに、角膜の強度が弱いと、

角膜が変形してしまう恐れがあります。

 

近視に戻ってしまったり、

乱視が発生したりとかですね。

 

レーシックを受ける前に、メリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

レーシックに限らず、

メガネやコンタクトレンズでも同じですが、

視力矯正にはメリットもデメリットもあります。

 

もし、レーシックを受ける場合は、

しっかりとメリットとデメリットを把握したうえで

受けるようにしましょう。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。