白内障の手術方法のひとつ、プレチョップ法とは?

白内障の手術の方法っていくつかありますよね?

 

その中でも最近人気を集めているのが

プレチョップ法という手術方法です。

 

白内障手術を受けたいけど

プレチョップ法でいいのかどうか迷っているという人は

ぜひこの記事を読んでみてください。

 

白内障の手術を受けたいんだけどプレチョップ法で大丈夫?

白内障の手術について調べていると

プレチョップ法」という手術方法がよくでてきます。

 

三井記念病院の赤星隆幸医師が

1998年に考案した手術方法です。

 

特徴はなんといっても手術スピードが早いこと!

3〜4分で手術が終わってしまいます

 

白内障というのは水晶体が白く濁ってしまう病気です。

 

で、白内障の手術ではその白く濁った水晶体を

取り出すという過程があるのですが、

その取り出し方は手術方法によっていろいろあります。

 

プレチョップ法というのは

色々ある手術法のうちのひとつなんですね。

 

基本的には、水晶体を取り出すときは、

フェイコチップと呼ばれる超音波乳化吸引装置で

水晶体を砕きながら取り出していきます。

 

イメージとしては超音波で水晶体を微細に砕いていく

掃除機みたいな感じでしょうか?

 

ただ、水晶体をまるまる一つ吸引するとなると、

それなりに時間がかかってしまうのが問題だったんです。

20分とかでしょうか。

 

そこで考案されたのが事前に水晶体を分割しておくという方法。

そうすることで吸引する時間が劇的に短くなったんですね。

 

手術時間が30分ぐらいかかっていたのが

3〜4分ぐらいになってしまうぐらいですからね。

 

プレチョップ法というのは

その事前に水晶体を分割するための方法のひとつです。

 

ちなみに、手術時間が短くなると

目にかかるダメージが最小限ですむというメリットがあります。

 

最近では日帰りで白内障手術を受けられるようになったのも、

手術時間の大幅な短縮が大きな要因です。

 

大丈夫だ問題ない。

で、知りたいのは

プレチョップ法で白内障の手術を受けていいのかどうかですよね?

 

ズバリ、大丈夫です!

問題ありません!

 

とはいえ、もちろん手術なのでリスクはあります。

でも、安全度はかなり高い手術のようです。

 

ちなみにプレチョップ法ではどんなリスクがあるのかというと、

水晶体嚢を誤って破ってしまうかもしれないリスクです。

 

水晶体嚢というのは水晶体を包んでいる膜みたいなものです。

 

白内障の手術のときは、

この水晶体嚢の前面部分は丸く切り取るのですが、

残りの部分は残しておきます。

 

で、残しておいた水晶体嚢に

眼内レンズというものを入れるんですね。

 

プレチョップ法では水晶体を分割するために

先端がナイフ状になったピンセットを使います。

 

なので、勢い余って水晶体嚢の裏側を

突き破ってしまう可能性があるというわけです。

 

ここらへんは執刀医士の力量にもよるかもしれませんね。

 

ちなみにプレチョップ法を考案した

赤星隆幸医師の予約は半年先まで埋まっているようです。

 

赤星医師に執刀してもらいたい場合は早めにご予約を!

 

プレチョップ法以外の手術方法でも安全性は高い。

ちなみに、プレチョップ法は数ある手術方法のうちの

ひとつだと言いました。

 

ということは他にもあるわけです。

白内障の手術には大きく4つの方法があります。

 

プレチョップ法の他には、

ディバイド&コンカー法、

フェイコチョップ法、

一手法

の3つがあります。

 

どの方法も、基本的には水晶体を分割して吸引するという方法で、

安全性に関してはどれも高いようです。

 

ぜひ、医師と相談して

自分の納得のいく手術方法を選んでみてください。

 

ちなみに白内障の手術の流れについては

こちらの図が分かりやすいのでチェックしてみてください。

 

祇園すやま眼科クリニックより引用)

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。