ブジーは生後何ヶ月までの時期にやったほうがいいのでしょうか?

赤ちゃんの鼻涙管閉塞を治す方法のひとつであるブジー。

 

問題となるのはブジーを行うタイミングなのではないでしょうか?

生後何ヶ月ぐらいの時期に行うのがいいんでしょうか?

 

早くても「生後6ヶ月」、できれば「12ヵ月」以降に行うのがいいのでは。

ブジーを行うタイミング。

 

これはそれぞれ一長一短あるので正解というものは無いし、

なんとも言えないのですが、

 

私個人的には早くても「生後6ヵ月目」から、

できれば「生後12ヵ月目」以降に行うのがいいのではないかなと思います。

 

鼻涙管閉塞は12ヵ月以内に「自然治癒」する可能性が「約95%」と高め。

というのも、

赤ちゃんの鼻涙管閉塞は「自然治癒」する可能性がかなり高いからです。

 

統計によると12ヵ月以内に「約95%」ほどの赤ちゃんは

自然治癒してしまうそうです。

 

わざわざ赤ちゃんに怖い思いをさせてブジーを行わなくても、

95%の確率で治るのであればそれに賭けてもいいのではないかと思います。

 

でも親としてはやっぱり残り「5%」の方が気になってしまうかもしれませんね!?

 

インターネット上では「早め」にブジーを行うことを勧める意見が「優勢」?

ちなみに、インターネット上では

ブジーを行うタイミングはできるだけ早くという意見が目立ちます。

 

やっぱり鼻涙管閉塞の場合は赤ちゃんの目やにがすごいことになりますし、

できるだけ早く目やにをなんとかしてあげたいという感情も相まって、

早めにブジーを行うほうが結果的に良いという意見も多くなるのだと思います。

 

お医者さんも早めにブジーをしたほうがいいという

スタンスのところも少なくないようです。

 

でも、もしかしたらブジーを行わなくても

自然治癒した可能性も高いということも忘れてはいけません。

 

ブジーの行いやすさは、赤ちゃんの「暴れるチカラ」と比例します。

ちなみに、ブジーは早く行ったほうがいいという理由のひとつに、

赤ちゃんの「暴れるチカラ」というものがあります。

 

ブジーって基本的には点眼麻酔だけして、

あとは看護師さんが赤ちゃんの体と頭を強制的に押さえつけるかたちで行われます。

 

イメージとしてはこんな感じです。

(引用元:http://mamari.jp/13492

 

ギャー!

 

当然、赤ちゃんの暴れるチカラが強いと

完全に押さえつけることが困難になってきます。

 

当然、ブジーも行いにくくなります。

 

ブジーを行うなら早ければ早いほど良いと言われる理由のひとつがこれです。

 

それにしても、赤ちゃんとしても強制的に押さえつけられた上に、

目と鼻に金属の棒を刺されるのですから怖いですよね〜。

 

12ヵ月以降であれば「全身麻酔」をした上でブジーを受けられます。

ちなみに、個人的にブジーを受けるなら

12ヵ月以降がいいのではないかと考える理由のひとつに

 

12ヵ月以降であれば全身麻酔を受けた上で

ブジーを受けることができるというのがあります。

 

赤ちゃんも12ヵ月以降となると暴れるチカラが強すぎて

強制的に押さえつけるということが無理になってきます。

 

なので、全身麻酔をした上でのブジーになるわけなんですね。

 

ちなみに全身麻酔は資格を持った先生でなければできないため、

個人医院では難しく、大きな病院でないと受けられなかったりします。

 

早めのブジーを勧める先生が少なくないのも

こういった理由があるのではないかなとも思ったりしますがどうなんでしょうか?

 

ちなみに、ブジーを大人の私達が受けると考えると、

点眼麻酔だけと全身麻酔、どっちがいいと思いますか?

 

私としては全身麻酔をしてもらって知らぬ間に終わらせて欲しいです。

赤ちゃんはどう思うでしょうか?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。