雪目の予防対策で知っておくべきこと

今年ももう12月。

そろそろウインタースポーツの季節です。

 

スキーとかスノーボードとか楽しくて時間を忘れて楽しんでしまいますが、

目の紫外線対策はバッチリしておきましょう!

 

でないと「雪目」になって、

目がとてもつらいことになってしまいます。

 

雪目になる原因とは?

雪目というのは正式名称は「雪眼炎(せつがんえん)」といいます。

目の角膜の部分が強い紫外線を浴び続けて炎症してしまうことをいいます。

 

肌も紫外線で日焼けしますが、目の角膜も同じように日焼けするということです。

 

ちなみに雪目と似た症状として、「電気性眼炎」というものもあります。

溶接工の人がよくなる症状で、こちらも強い光を目に浴び続けることが

原因の症状です。

 

海よりも雪山のほうが紫外線量が多い?

雪目は強い紫外線を目に受け続けることが原因の症状ですが、

夏の砂浜の紫外線と、雪山の紫外線はどちらの方が紫外線が多いと思いますか?

 

どうでしょうか?

 

実は、冬の雪山の方が夏の砂浜よりも紫外線の反射率が3倍以上も高いんです。

 

夏の砂浜の紫外線の反射率は約25%、

冬の雪山の紫外線の反射率は約80%となります。

 

圧倒的に雪山の方が高いです。

 

紫外線というと夏!っていうイメージがあるので

雪山では紫外線対策を舐めてかかってしまうことも少なくないと思いますが、

実は雪山でこそ紫外線対策をバッチリしていかないといけません。

 

どうやって雪目を予防する?

それではどうやって雪目を予防していけばいいのでしょうか?

 

まず1つ目は、

おなじみのゴーグル・サングラスです。

 

レンズがUVカットになっているのでしっかりと紫外線から目を守ってくれます。

 

ちなみに紫外線ガード度はゴーグルの方がやっぱり高いです。

サングラスだと横から入ってくる光に対しては実は無防備だったりします。

湾曲したデザインのスポーツタイプのサングラスならまだいいですが。

 

ちなみにゴーグルとサングラスはその時の天候によっても左右されます。

 

天気がいい日であればサングラスでもいいのですが、

天候があんまりよくないときにはゴーグルでないと厳しい場合もあります。

 

ちなみに普段はメガネをしているという人には

ファン付きのゴーグルがオススメだったりします。

 

普通のゴーグルだとメガネがくもってしまうこともあるんですが、

ファン付きのゴーグルならそういうこともないです。

 

2つ目は、

UVカット機能付きのコンタクトレンズです。

 

コンタクトレンズの中にはUVカット機能のついているものが

実はあったりします。

 

メジャーなところではジョンソンアンドジョンソンのアキュビューシリーズです。

 

アキュビューシリーズはすべてUVカット仕様になっているので

視力を矯正しつつも目の角膜を紫外線から守ってくれる一石二鳥的な

コンタクトレンズになっています。

 

他にはシードのワンデーファインUVなどのUVシリーズです。

 

ただ、コンタクトレンズのUVカット機能はやはりゴーグルや

サングラスにはかなわないのであくまでも補助的な感じで

利用するのがいいのではないかなと思います。

 

雪目になってしまったらどうする? 

雪目を予防するのはいいんだけど、

予防できずに雪目になってしまったらどうすればいいの?

 

という場合には、

 

1番いいのはやっぱり眼科に行ってみるのがいいと思います。

自分では雪目だと思っていても実は違う眼病だったという可能性も

ありえますし!

 

眼科に行く以外には、

UVカット目薬というのがあります。

 

目の角膜の炎症を抑えつつ、目を紫外線から守ってくれます。

 

具体的にはジョンソンアンドジョンソンから

バイシンUVというUVカット目薬が発売されているし、

目薬でおなじみのロートからも

ロートUVキュアというものが発売されています。

 

雪目でなんだか目が痛いし 、なんだかまぶしいし、涙がとまらない!

という場合にはぜひ試してみてください。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。