緑内障の人は市販の「目薬」には要注意!眼圧が上がる可能性が。

目が乾いてしょうがない!

最近はドライアイの人がほんと多いですよね。

現代病でもあるような気がします。

 

目薬が手放せないという人も多いのでは?

 

そんな目の乾きを潤してくれる目薬なのですが、

緑内障の人は「市販」の目薬を買う場合は要注意です。

 

特に要注意なのは「血管収縮剤入り」の市販の目薬!

緑内障の人が使ってはいけない市販の目薬というのは

血管収縮剤」が入った目薬です。

 

充血を治すと謳っている目薬のことですね。

 

こういう目薬はどうやって充血を治すのか?

その仕組をしっていますか?

 

簡単に言うと、血管をギュッと収縮させてしまうんです。

まあその名の通りですね(笑)

 

そうすると、ギュッと収縮した血管には血液が通らなくなります。

そうすると見た目には充血が治ったように見えるのですね〜。

 

で、血管をギュッとさせるということは

やっぱりそれなりに刺激も強いわけです。

 

目の眼圧も上がってしまいそうな気がしませんか?

 

なぜ、目は充血してしまうのでしょうか?

ちなみに血管収縮剤入りの目薬は

緑内障でなくてもあまりオススメしません。

 

なぜかというと、

充血するということは目が酸素を欲しているということだからです。

 

血液は酸素を運んでくれます。

 

目が充血するということはつまりは

目が酸素不足になっているということ!

 

そんなときに血液の供給を無理やりストップさせたら。。

 

イメージしてみてください。

目はかなりグロッキーになってしまうはずです。

 

そして、その後、

リバウンド」がやってきます。

 

そうです、以前よりもさらに目が充血してしまうんですね。

ちょっと古いですが「倍返し」されてしまうんですね(笑)

 

なので、血管収縮剤入りの目薬は

人と会う予定があってどうしても充血を無くしたい!

という場合以外はやめておいたほうがいいのではないかなと思います。

 

事実、眼科で処方される目薬のほとんどには

血管収縮剤は含まれていません

 

ソフトサンティアなどの「人工涙液型」の目薬であればそれほど問題ないようです。

ちなみに、市販の目薬であっても

ソフトサンティアなどの人工涙液型の目薬であれば特に問題ないようです。

 

ソフトサンティアの説明書を読んでみると

「緑内障の人は、使用前に医師又は薬剤師に相談すること

って念のため書かれているようですが。

 

目の調子が良くないという人は眼科検診を!もしかしたら緑内障かも。。

ちなみに、実は一番要注意なのは、

本当は緑内障なのにそれを自覚していない人です。

 

緑内障って実は自覚するのが結構むずかしかったりします。

緑内障じゃなくて白内障だと思ってしまっていたり。

 

で、実は緑内障なのに、

自分は緑内障じゃないと思い込んでいて

血管収縮剤入りの目薬を使い続けるとしたら。。

 

ちょっと恐ろしいですね。

 

なので、視力というか

目の見え方の質がちょっと衰えてきたなと思ったら、

あまり自己判断はせずにぜひ眼科検診を受けてみてください。

 

最近は正常眼圧緑内障の人もかなり増えてきていますし。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。