赤ちゃん(新生児)の視力はいつ頃から良くなるんでしょうか?

赤ちゃんって生まれたては、

ほとんど視力がない状態で生まれてきます。

 

視力0.01とかそんな感じです。

 

一体どういうふうに視力が良くなっていくんでしょうか?

その理由についても。

 

赤ちゃんは視力が良くないというか「遠視」の状態で生まれてくる。

生まれたての赤ちゃんは視力がほとんどないと言われています。

それって実は物理的な理由があるんです。

 

なんだと思いますか?

 

実は赤ちゃんは「遠視」の状態で生まれてくるんです。

遠視というのは焦点が遠くに合っている状態ですね。

 

つまりは、目の前のものに焦点を合わせられない状態。

だから、視力がほとんどないんです。

 

視界すべてがぼやけている状態

 

なぜ、遠視なのかというと、「角膜」が平べったい状態だから。

では、なぜ遠視の状態なんでしょうか?

 

それには「角膜」が関係しています。

角膜というのは目の黒目の部分ですね。

 

瞳孔の前を覆っている透明な部分です。

赤ちゃんってこの角膜がほとんどまっ平らなんですね。

 

え?大人も角膜ってまっ平らじゃない?

 

と思われるかもしれませんが、実は違うんです。

大人の角膜は実は目玉焼きの黄身のように膨らんでいるのです!

 

こんな感じ。

 

 

赤ちゃんの目ってものすご〜く透き通っていてキラキラ輝いていませんか?

それって実は角膜が薄いからなんです。

 

角膜が薄いということは

光がほとんど屈折しないということでもあります。

 

基本的に、角膜は厚いほど屈折率が高くなって近視ぎみに、

薄いほどに遠視気味になります。

 

もうお分かりでしょうか?

 

赤ちゃんは角膜が薄いがゆえに

生まれたてのときは「遠視」なんですね!

 

成長するにつれて角膜も膨らんできて、「正視」になっていきます。

で、赤ちゃんは成長するにつれて角膜も膨らんでいきます。

 

だいたい、3才ぐらいになると

大人とほぼ同じくらいになると言われています。

 

つまりは、遠視だった状態が「正視」になるということですね。

 

ここで勢いあまって角膜が膨らみすぎてしまうと

近視になってしまいますが。。

 

1歳ぐらいで「視力0.3」、3歳を超えると「視力1.0」に。

具体的には、

赤ちゃんの視力は生まれたてのときは「視力0.01」ほど、

1歳になる頃には「視力0.3」ほど、

そして3歳を超えるころには大人と同じ「視力1.0」になるそうです。

 

ちなみに私は裸眼視力0.3なので1歳の頃の視力と同じですね(笑)

 

近くはよく見えますがちょっと遠くなるとボヤける感じです。

一応裸眼でも街を歩けますが、

看板の文字とかは近づかないと読めない状態です。

 

というわけで、赤ちゃんの視力の上がり方についてでした!

 

ちなみに、3歳を超えても視力が上がらないという場合があります。

そういう場合は、弱視になりやすくなってしまうので

ぜひ子供を眼科につれていってあげてください。

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。