ブルーライトっていったい何なの?

ブルーライト(青色光)というのは、その名の通り、

青く見える光のことです。

 

最近、JINSを始め、いろんなメーカーがブルーライトカット機能をもった

メガネを発売してきています。

 

なんでブルーライトをカットする必要があるんでしょうか?

 

それは、青色光って光の中でも

紫外線についでエネルギーが強い光だからなんです。

 

光には波長というものがあるのですが、

青色光の波長は短くなっています。

 

波長が短い光というのはエネルギーがとても強いんです。

 

そして、最近LEDディスプレイがかなり普及しましたよね?

 

会社で使っているデスクトップのディスプレイも

LEDになっているところが多いのではないでしょうか。

 

ノートPCにしてもスマホにしてもタブレット型の端末にしても、

いたるところにLEDを使った製品があふれかえっています。

 

このLED、実は青色光をたくさん発しているんです。

 

というのもLEDというのは青色発光ダイオードが実用化されたからこそ

使えるようになった技術なので、

LEDにはブルーライトがたくさん含まれているのは当たり前なんです。

 

なんか最近、目が疲れやすくなってきたような・・・というそこのあなた!

 

もしかしたらブルーライトが原因かもしれません。

特にここ数年でという場合にはその可能性は結構高いのではないかなと思います。

 

ちなみにブルーライトの弊害は、目が疲れやすくなるとかだけではなくて、

眠りにつきにくくなるという場合もあります。

 

というのも夜にLEDディスプレイとかを長時間ながめていると、

体が昼だと勘違いしてしまって眠りにつこうとしなくなってしまうんです。

体内時計がちょっと狂っちゃうといいますか。

 

旅行とかでハワイとか時差がある場所にいくときには、

日中は眠くても我慢して日光を浴びた方がいいというのには

そんな理由があったりします。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

メガネだけじゃない!ブルーライトから目を守るコンタクトレンズ

果たしてJINS PCの効果はいかほどに?【体験レビュー】

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。