角膜移植をしなくても水疱性角膜症を治せる治療法が登場!?

水疱性角膜症というと、

目の角膜の部分が濁ってきてしまって

視力が衰える病気です。

 

治すには手術によって角膜移植をする以外にはなかったのですが、

どうやら角膜移植(角膜提供者が必要)しなくても

治せる治療法が成功しつつあるようです。

 

水疱性角膜症ってなんなのか?

水疱性角膜症(すいほうせいかくまくしょう)って

一体なんなのかというと、

目の角膜の部分、黒目の部分を覆っている

透明な膜みたいなものなのですが、

そこが水ぶくれして白く濁ってしまう病気です。

 

当然のことながら視力は低下します。

なるべくなりたくない病気ですよね。

 

原因はなんなのか?

原因はなんなのかというと、

「角膜内皮細胞」の数が減ってしまうことが原因です。

 

角膜内皮細胞というのは角膜層の一番内側にある細胞で、

角膜内の水分を前眼房(ぜんがんぼう)へと汲み出す働きをもっています。

 

前眼房というのは

角膜の部分と、黒目の部分の間にある水たまり?(笑)

みたいな部分です。

 

ここです!

 

角膜内皮細胞の数が減ると、

この前眼房の水分が角膜内へと浸透していってしまうんですね。

 

そして、角膜が水ぶくれになって

白く濁っていってしまうというわけです。

 

ちなみに、角膜内皮細胞が減る原因なのですが、

ズバリ、「酸素不足」です!

 

なんで酸素不足になるのか。。

そうです。

 

コンタクトレンズがその大きな原因になったりするんですよね。

 

このブログでは酸素を裸眼並みによく通すコンタクトレンズを

激推奨しているわけですが、

こんな理由があったんです。

 

治すには角膜移植をする他ありませんでした。

水疱性角膜症を治すにはどうすればいいのか?

今までは角膜移植の手術をするより他ありませんでした。

 

ちなみに角膜移植の手術もどんどん進歩していて、

最初は、角膜の層全てを移植する

全層角膜移植術(PKP)という方法しかなかったのですが、

 

角膜の層の中でも角膜内皮細胞だけをピンポイントで移植できる

角膜内皮移植(DSAEK)という手術法も開発されました。

 

こちらのサイト(外部サイト)に詳しく解説されているので

気になる人はチェックしてみてください。

 

図解されていて分かりやすいです!

 

もっとも大きな問題点は「角膜提供者」が必要なこと!

ピンポイントで角膜内皮細胞だけを移植できる

DSAEK(ディーセック)という手術法も開発されたりしているのですが、

角膜移植で一番の問題になる部分。

 

それは「角膜提供者」が必要なこと!

つまりはドナーです!

 

これはかなり深刻な問題ですよね。

脳死判定された方や交通事故で亡くなった方の

角膜が必要になるんです。。

 

角膜内皮細胞の人工培養に成功!

そこに登場したのが新しく登場した治療法です!

この治療法はなんと「角膜提供者」を必要としません!

 

角膜内皮細胞の人工培養にどうやら成功したらしいのです。

ちなみにこの人工培養に成功したのは

京都府立医科大の木下茂教授らの研究グループです。

 

これってすごいことだと思いませんか!?

 

角膜提供者がいなくても

水疱性角膜症を治療できるようになったというわけなんですから。

 

ちなみに水疱性角膜症の治療のために

角膜移植の手術を受ける人は年間約1800人ほどいるそうです。

 

それだけの角膜提供者がいるってことなんですね。。

たぶん、角膜提供者を待っている患者はもっといることでしょう。

 

人工培養した角膜内皮細胞を目に注射するだけでOK!?

ちなみに、今回の新しい治療法のすごいところは

角膜内皮細胞の人工培養に成功したというだけではなくて、

手術のやり方そのものを変えてしまった点です。

 

手術というか、

「注射」レベルにしてしまったんですね(笑)

 

いままで手術で1時間かかっていたところが、

注射で5分になったとかいうレベルだそうです。

 

すごいですよね!

 

しかも角膜内皮細胞は人工培養できるんですから、

水疱性角膜症を治したいほぼすべての患者に

治療をすることができるのではないでしょうか?

 

仕組みとしては、すごくシンプルで、

人工培養した角膜内皮細胞を角膜裏の前眼房に注入するだけです。

 

注入した角膜内皮細胞を

ちゃんと定着させる技術を開発したみたいですね。

 

ちなみにこの注射治療法?(笑)

を開発したのは同志社大学の小泉範子教授です。

 

京都府立医科大の木下茂教授と同じ研究グループに属しています。

すばらしい研究グループですね!

 

すでに3人に移植して視力アップに成功している。

ちなみにこの治療法を3人の患者に試してみたところ、

3人とも視力アップに成功したようです。

 

具体的には視力0.06以下だった矯正視力が

0.1~0.9に上がったそう。

 

0.9ってかなりハッキリ見えるレベルですよね。

すごい。

 

今後に期待大の治療法です!

 

参考にしたサイト

東京歯科大学市川総合病院 角膜センター/移植手術の種類について

角膜細胞、体外で増やして移植 世界初、3人の視力回復:朝日新聞デジタル

角膜内皮細胞を培養移植=視力回復、臨床研究―京都府立医大|ガジェット通信

角膜移植はパーツ移植の時代へ(セミナー体験記その3)。 | にしわき眼科クリニック、院長日記。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。