クリアリンはコンタクトレンズの上から点眼しても大丈夫?

目の充血をとる目薬というのはいくつかありますが、

最近は「クリアリン」という海外の目薬が人気です。

 

そんなクリアリンなのですが

コンタクトレンズの上から点眼しても大丈夫なんでしょうか?

 

クリアリンに含まれている有効成分は「ナファゾリン塩酸塩」です。

目の充血をとる目薬である「クリアリン」。

 

最近は、「ルミガン」「ケアプロスト」「ラティース」などの、

まつ毛美容液とセットで使うという人が多いです。

 

というのも、まつ毛美容液は目を充血させてしまう効果があるからなんです。

で、充血したらクリアリンを使うと。

 

そんなクリアリンなのですが、

主要成分は「ナファゾリン塩酸塩」という成分になります。

 

充血をとる目薬には◯◯ゾリンという成分が多くて、

ナファゾリン塩酸塩はそんなゾリン系のひとつになります。

 

「ナファゾリン塩酸塩」はどうやって充血を止めるのか?

ちなみにナファゾリン塩酸塩はどうやって充血を止めるのかというと、

血管を「キュッ」っと収縮させるんですね。

 

充血というのは血管がいつもよりも太くなってしまっているからなるんです。

そんな太くなった血管を「キュッ」と収縮させるんです。

 

そうすると、一時的に充血が治まります。

 

ナファゾリン塩酸塩は血管収縮剤とも呼ばれています。

 

クリアリンと同等の目薬であるクリアアイズには「コンタクトレンズ専用」の別タイプあり。

ちなみに、実はクリアリンと同等の成分を含んだ目薬があります。

クリアアイズ」という目薬です。

 

というか、実はクリアリンってクリアアイズの

ジェネリックバージョンなんです。

 

ジェネリックというのは特許期間が切れたもののことをいいます。

 

「特許期間が切れたからクリアアイズと同じ成分で目薬作っちゃおう!」

ということで生まれたのが「クリアリン」なんですね。

 

ジェネリックだけあってクリアアイズよりも安くなっています。

 

で、ココ重要なのですが、

実はクリアアイズには「コンタクトレンズ専用」の別タイプが用意されているのです。

 

コンタクトレンズ用のクリアアイズには「ナファゾリン塩酸塩」は含まれていないという事実。

そんなコンタクトレンズ専用のクリアアイズなのですが、

実は普通のクリアアイズと含まれている成分が違います。

 

含まれているのは、

「塩化ナトリウム」

「ヒドロキシプロピル・メチルセルロース」

「グリセリン」

「ソルビン酸」

「エデト酸2ナトリウム」

です。

 

あれ?ナファゾリン塩酸塩は?。。

 

そうなんです。

実はコンタクトレンズ用のクリアアイズには

ナファゾリン塩酸塩が含まれていないんです。

 

なぜかって?

 

ズバリ、コンタクトレンズを変形させてしまう可能性があるからです!

 

つまりは、クリアリンはコンタクトレンズの上から点眼しないほうがいい。

というわけで、

ナファゾリン塩酸塩が含まれているクリアリンは、

コンタクトレンズの上からは点眼しないほうがよさそうです。

 

使っているコンタクトレンズの種類にもよりますけどね。

 

ハードコンタクトレンズなら大丈夫だし、

使い捨てのソフトでも、

ワンデータイプであれば大丈夫かもしれません。

 

レンズが多少変形したとしても1日で使い捨てますからね。

 

2週間使い捨てとかマンスリータイプの場合は

やめておいたほうがいいと思います。

 

というわけでクリアリンは

コンタクトレンズの上からあまり使わないほうがいい

というお話でした!

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。