高眼圧症だからといって緑内障になるとは限らない!?

高眼圧症という症状があります。

その名の通り、眼圧が高い症状なのですが、

緑内障と同じと勘違いされることもあります。

 

でも、実は高眼圧症だからといって

緑内障になるとは限らないんです。

 

そもそも、緑内障とはなんなのか?

まずはじめに、

緑内障っていうのはそもそも何なのかということについて

話しておいたほうがいいかもしれません。

 

緑内障=眼圧が高い

 

というイメージがあるのですが、

実はそれは正確ではないんですね。

 

眼圧が高い=緑内障の可能性が高い

 

というのはありますが。

 

つまりは眼圧が高いからといって

緑内障というわけではないんです。

 

視神経にダメージがあるのが緑内障。

じゃあ緑内障というのはなんなのかというと、

ズバリ、視神経にダメージがあるのが緑内障です。

 

非常に分かりやすいですね。

 

眼底検査で視神経乳頭をチェックしてもらって、

視神経乳頭が陥凹(かんおう)していたりすると

緑内障」と診断されることになります。

 

実は、重要なのは視神経の「丈夫さ」だったりします。

そして、ココ重要なのですが、

緑内障になるならないを左右するのは、

実は視神経の「丈夫さ」だったりするんです。

 

眼圧が高い低いという指標はよく聞くのですが、

視神経の「丈夫さ」を計る指標っていうのはないんですよね〜。

 

視神経が丈夫なのであれば、

多少、眼圧が高くても大丈夫だと思いませんか?

 

例えるならゴムホースです。

 

ゴムホースであれば靴で多少踏んづけても大丈夫ですが、

そのゴムホースがものすごく薄くなっていたとしたらどう思いますか?

 

靴で踏んづけたらヘタしたら破れてしまいそうですよね。

 

高眼圧でも視神経が「丈夫」なら緑内障にならない。

なので、高眼圧症で眼圧が高かったとしても、

視神経が「丈夫」であるのであれば、

緑内障にならないんです。

 

とはいえ、眼圧が高いと緑内障になる可能性は高いとは言えます。

 

ゴムホースだって鉄製の靴とかで踏めば

破れてしまいかねませんからね。

 

ちなみに高眼圧症の人のうち約半数の人が

緑内障になってしまうようです。

 

でも、裏を返せば半分の人は問題ないということでもあります。

 

正常眼圧でも視神経が「弱い」なら緑内障になる。

そして、実は最近問題になっているのは

眼圧が「正常」なのに緑内障になってしまう人です。

 

正常眼圧緑内障」という名前が付いてしまっているほどです。

 

緑内障のうち約7割ぐらいの人がこの正常眼圧緑内障なんだとか。

割合高い!

 

眼圧が正常でも視神経が弱いとそうなってしまうんですね。

つまりは超薄のゴムホースだということです。

 

ちなみに視神経がなんで弱るのかについては

あまりよく分かっていないのですが、

どうやら、目の血行が関係あるんじゃないかと思われています。

 

ちなみに正常眼圧緑内障について

もっと知りたい方はぜひはこちらの記事も読んでみてください。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。