保湿メガネ「JINSモイスチャー」のデザインは有り?無し?

JINSモイスチャー公式サイトより)

 

保湿メガネって聞いたことありますか?

 

その名の通り、

メガネをかけるだけで目を保湿してくれるという

機能性を持ったメガネです。

 

JINSから「JINSモイスチャー」という名の

保湿メガネが発売されているのですが、

気になるのはそのデザイン(笑)

 

有りでしょうか?

無しでしょうか?

 

保湿力は確からしい。

デザインの前に、

JINSモイスチャーの保湿力についてなんですが、

どうやらその保湿力は確かなようです。

 

JINSモイスチャー公式サイトのデータによると、

普通のメガネに比べて目の周りの湿度が

約18%ほど上昇するようです。

 

普通のメガネをしているときは

目の周りの湿度が約40%ぐらいなのが、

JINSモイスチャーを装着すると約58%に上昇するんですね。

 

これはかなり効果ありそうです。

ネット上の口コミや眼科医の話によると

その保湿力は確かなようですね。

 

私も実際に使ってみようかな。。

 

そして、目の周りを覆ったデザインの副産物として、

花粉対策にもなるみたいです。

 

JINSには「JINS花粉カット」というメガネもあるのですが、

メガネのデザインはかなり似ています。

 

ちなみにどうやって保湿しているのかというと、

テンプルの部分に水をいれるタンクを装着することで保湿しています。

意外に原始的です(笑)

 

ただ、気になるのはそのデザイン。。

JINSモイスチャー。

その保湿力は確かだということがわかりました。

 

ただ、気になるのはそのデザインです。

 

有りでしょうか?

無しでしょうか?

あなたならどっちですか?

 

ちなみに私の場合はこれで街を歩くのは無しかな〜って思います(笑)

だって、これだと完全にゴーグルじゃないですか。(笑)

 

真正面から見ると普通に見えるんですけどね〜。

横からみると完全にゴーグルです。

でもここらへんは

個人の感覚の違いによって変わるかもしれないですね。

 

ちなみにJINS花粉カットの方は

JINSモイスチャーに比べて水をいれるタンクがなくて良い分、

デザインをちょっと工夫しています。

目を覆っている部分や、

テンプルの部分を部分的に透明にしているんですね〜。

 

なので、パッと見、

普通のメガネっぽいデザインを装っています。

いや、よく見ると簡単に分かるんですけどね(笑)

 

ちなみにモイスチャーエイドって知っていますか?

突然ですが、モイスチャーエイドって知っていますか?

 

JINSモイスチャーと同じような保湿力を実現できる後付けキットで、

普通のメガネに透明なプラスチックを取り付けて使います。

 

実はかなり昔からある製品なんです。

レインボーオプチカル研究所という会社が作っています。

 

知る人ぞ知るという製品でしょうか。

 

その確かな保湿力から

眼科医さんはドライアイの人には昔から勧めていたそうです。

 

ちなみにモイスチャーエイドというのは

どんなものなのかという事については

こちらのサイトがものすごく詳しいです。

 

気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

モイスチャーエイドに比べればかなり洗練されたデザイン!

モイスチャーエイドって

どんなものなのか分かりましたか?

 

上で紹介したサイトを

チェックしていないという人のために

その写真だけ紹介します。

 

こんな感じです。

。。。

どうでしょうか?(笑)

 

ちなみにこれは「完成品」であって、

実際には自分でメガネに透明なプラスチックを

取り付けなければなりません。

 

レンズとの間に隙間ができないように丁寧に丁寧にです。。

 

よくみるとテンプルの部分に

なにかタンクのようなものが見えませんか?

 

これの中に水が入っているんですね。

 

そう。

仕組みとしてはJINSモイスチャーと同じです。

 

というか、実はJINSモイスチャーは、

このモイスチャーエイドを改良発展させたものなんですね〜。

 

どちらも眼科医であり慶応大学医学部の教授でもある

坪田一男氏によって監修されているんです。

 

坪田一男氏といえば以前、実用視力についての記事でも登場しました。

 

いろんなところに登場する人です。

すごい。

 

で、モイスチャーエイドを装着したメガネは

デザイン的にはどうでしょうか?

 

もはや、オモチャに見えてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

 

これに比べればJINSモイスチャーは

かなり洗練されたんだということが分かります。

まあそれでもゴーグルですけどね(笑)

 

オフィスワークをするときだけJINSモイスチャーという選択も。

ちなみに、JINSモイスチャーを装着したまま

街を歩くというのはちょっと難しいんですが、

 

オフィスで仕事をするときだけ装着するというのは

かなり有りなんじゃないかなと思います。

 

実際、目がすごく乾燥するのって

仕事中なことが多くないですか?

 

オフィスはただでさえ乾燥しがちな環境ですしね。

 

デスクにJINSモイスチャーを常備しておいて、

仕事をするときだけ装着するというスタイルはかなり良いと思います。

 

JINSモイスチャーは度無しも度有りも選べるので

コンタクトレンズユーザーにもメガネユーザーどちらにも対応できます。

 

ちなみにJINSモイスチャーのちょっとしたデメリットなのですが、

それは、「水やり」が必要なことです(笑)

 

まあ当然といえば当然ですがちょっと手間になりますね。

加湿器のタンクに水やりが必要なのと似てますかね?

 

ちなみに、人によってはタンクに臭いがつくという人もいるそうです。

水に含まれるカルキとかが臭うのかもしれませんね。

 

ともあれ、ドライアイでしょうがない!

という人はそのデザインに挫けずにぜひ試してみてください。

目の周りの湿度が約18%アップします!

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。