血管収縮剤が含まれている目薬は使わないほうがいい?その理由とは?

コンタクトや目を酷使しやすい環境におかれている人が多い現代では、

目が充血しやすいという悩みを抱えている人も少なくありません。

 

目が血走ってみえると、見た目にもちょっと驚いてしまいますし、

痛みが出てくる場合も。

 

そこで使用する人が多いのが「血管収縮剤」が含まれた目薬。

この血管収縮剤って、危険性はないのでしょうか?

 

目が真っ赤…充血ってどうして起こるの?

そもそも充血が起こる原因として挙げられるのは、主に酸素不足です。

結膜炎やアレルギー、目に傷があったり細菌に感染しているなどの

目の病気ももちろんありますが

、一般的にそういった病気以外で充血の原因となるのは

目の酸素不足・栄養不足だと言えます。

 

たとえば、コンタクトをしている人によくあるのですが、

コンタクトというのは視力が良くなる反面で、

目に酸素が届きにくくなってしまうんです。

 

目の表面というのは、普段空気から酸素を直接取り入れています。

というのも、実は目の表面である角膜には血管がなく、

酸素や栄養を体内から取り込むことができないからです。

 

コンタクトをすることで目は酸素不足となってしまうため、

栄養や酸素を必死に供給しようと、目の内部の血管が頑張って働くため、

充血となってしまうんです。

 

その場しのぎの目薬治療はNG!

そんな状態で「血管収縮剤」が入った目薬を点すとどうなるでしょうか?

無理やり血管の働きを抑えるということは、

結局は目の酸素不足や栄養不足は解消されないままですよね。

 

ですから、血管収縮剤が入った目薬を使うということは、

充血の根本的な治療にはならないということなんです。

 

根本的には治ってないのにスッキリしてしまう。。

この状態をずっと続けるとどうなるか。。

イメージしてみてください。

怖いですね!

 

ですから、充血した場合には目薬を使って充血を無理やり抑えるということよりも、

充血しにくい目を作るということの方が得策なんです。

 

充血を無理やり抑えていてはいくらでも繰り返しになってしまいますし、

また酸素や栄養が十分に行き渡らない状況が続くため、

別の病気になってしまう可能性もあります。

 

ですから、まずコンタクトをしているという方の場合なら、

酸素透過率が裸眼並に高いという素材を使った、

シリコーンハイドロゲルのコンタクトを使用してみてください。

 

また、ひどい場合にはしばらく眼鏡を使うなど、

目に酸素を行き渡らせるように心がけてみてください。

 

目にとって良い環境作りを行ったうえで、

血管収縮剤の入っていない目薬を使用することをオススメします。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

ワンデータイプのシリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズ

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。