眼育ingBOXで視力回復トレーニングするかメガネにするかで迷います。

視力って大事ですよね。

子どもの視力が落ちてくると

親としてはとても心配になると思います。

 

視力が落ちてくるとなると

まずはメガネを検討することになると思うのですが、

子どもって基本的にメガネを嫌がったりしますよね。

 

私も初めてメガネをすることになったときは

すごく嫌だった記憶があります。

 

コンタクトレンズをするにはまだ早かったりすると、

選択肢として視力回復トレーニングも入ってきます。

 

自宅でできる視力回復キットとして

眼育ingBOX(メイキングボックス)というものが人気だったりしますが

メガネにするのとどっちがいいんでしょうか?

 

子どもがまだ小学生なら眼育ingBOXを試してみるのがオススメ

もし、子どもがまだ小学生とかなら

メガネにするよりも眼育ingBOXで

視力回復トレーニングをやってみるのがいいと思います。

 

というのも、早ければ早いほど

視力回復する可能性が高まるからです。

 

視力回復トレーニングって

大人だとなかなか効果が出にくいって聞いたことありませんか?

 

それには実は理由があって、

近視の状態のまま時間がたつと、

目の眼球のカタチがちょっと変形してくるんです。

 

焦点を合わせるための筋肉が凝り固まってしまって

目の水晶体を厚くしたり薄くしたりできなくなってくると近視になります。

 

その状態が続くと、焦点を合わせるために

眼球自体がちょっと楕円形に変化していきます。

 

そうなってくると視力回復トレーニングをしても

なかなか視力改善が難しくなってくるんですね。

 

仮性近視とか真性近視って聞いたことありませんか?

 

仮性近視が眼の筋肉が一時的に凝り固まっている状態で、

真性近視が目の眼球のカタチ自体がちょっと変形してしまった状態です。

 

こどもが小学生であればまだ仮性近視である可能性が高いので

視力回復トレーニングが効く可能性も高まります。

 

それで視力回復すればメガネやコンタクトにするよりもずっと経済的

メガネにするのはとても簡単です。

でも視力回復トレーニングが効きやすい時期は

それほど長くはありません。

 

それに視力回復トレーニングで視力が回復したなら

経済的にもかなりお得になります。

 

メガネはコンタクトレンズほどではないにしろ、

一生涯で考えると数十万円の費用はかかるだろうし、

コンタクトレンズであれば100万円以上になるかもしれません。

 

レーシックをするにしろ数十万円はかかりますよね。

 

そう考えると、眼育ingBOXは約3万円と

決して安くはないんですが長期的にみてみると

とてもお得かもしれません。

 

眼育ingBOXはサポートが充実しているのでまずは相談してみるのもいいかも

眼育ingBOXはひとりひとりへの

サポートが充実していて、

子どもがどういう状態なのかを伝えると

どれくらい視力回復する可能性があるのかを

教えてくれたりします。

 

可能性が低い場合にはちゃんとそう言ってくれるのも

信頼がもてるところです。

 

「全員視力回復しますよ!」

とか言うところはちょっと反対に怪しいですよね(笑)

 

それでもだめなら初めてメガネにすればいいのではないかなと思います。

 

【参考サイト】

眼育ingBOX公式サイト

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

ホームワックと眼育ingBOXはどっちの方が視力回復にいいのでしょう?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。