各社サークルレンズの性能比較

サークルレンズの種類がここ最近増えてきているので

ちょっとまとめて比較してみようかと思います。

 

数が多いのでどのサークルレンズを使うのが

いいのかなって迷ったりしませんか?

 

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

比較する内容は、着色直径、ベースカーブ、酸素透過率、です。

 

ディファイン

■ワンデーアキュビューディファイン(アクセントスタイル)

着色直径:12.5m
BC:8.5mm
酸素透過率:33.3Dk/t

【関連記事】
ディファインの着色内径と着色外径は色によってちょっと違います
ディファインのアクセントスタイルは輪郭がクッキリしすぎて不自然?

 

■ワンデーアキュビューディファイン(ナチュラルシャイン)

着色直径:12.7mm
BC:8.5mm
酸素透過率:33.3Dk/t

 

■ワンデーアキュビューディファイン(ヴィヴィッドスタイル)

着色直径:12.8mm
BC:8.5mm
酸素透過率:33.3Dk/t

 

イルミネート

■フレッシュルックデイリーズイルミネート(リッチブラウン)

着色直径:12.6mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 26Dk/t

【関連記事】
イルミネートに似ていて度数-8.00以上があるサークルレンズ

 

■フレッシュルックデイリーズイルミネート(ライトブラウン)

着色直径:12.6mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 26Dk/t

【関連記事】
イルミネートのライトブラウンはどんな人が装着するのがオススメ?

 

■フレッシュルックデイリーズイルミネート(ジェットブラック)

着色直径:12.6mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 26Dk/t

 

ワンデーアイレリアル

■ワンデーアイレリアル(リアルブラック)

着色直径:13.0mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 9.5Dk/t

 

■ワンデーアイレリアル(リアルブラウン)

着色直径:13.0mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 9.5Dk/t

 

アイコフレワンデーUV

■アイコフレワンデーUV(ベースメイク)

着色直径:12.8mm
BC:8.7mm
酸素透過率: 24Dk/t

 

■アイコフレワンデーUV(ナチュラルメイク)

着色直径:13.0mm
BC:8.7mm
酸素透過率: 24Dk/t

 

■アイコフレワンデーUV(リッチメイク)

着色直径:13.2mm
BC:8.7mm
酸素透過率: 24Dk/t

【関連記事】
アイコフレワンデーUVのリッチメイクが人気の理由

 

ヒロインメイクワンデーUV

■ヒロインメイクワンデーUV

着色直径:13.4mm
BC:8.7mm
酸素透過率: 24Dk/t

【関連記事】
ヒロインメイクワンデーUVとアイコフレワンデーUVは何が違うの?

 

ナチュレール

■ナチュレール(ピュアブラック)

着色直径:12.5mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 24.4Dk/t

 

■ナチュレール(エレガントブラウン)

着色直径:12.7mm
BC:8.6mm
酸素透過率: 24.4Dk/t

【関連記事】
真木よう子さんがナチュレールのCMで装着している色は?

 

エルコンワンデーポップ

■エルコンワンデーポップ

着色直径:13.3mm
BC:8.7mm
酸素透過率: 7.9Dk/t(正確には公表されていませんがエルコンワンデーエクシードがこの酸素透過率です)

【関連記事】
エルコンワンデーポップってどんなサークルレンズ?
アルティメットワンデーパールはエルコンワンデーポップとどう違う?

 

 

サークルレンズというとジョンソンアンドジョンソンのディファインが

圧倒的に有名でしたが、最近は他のメーカーさんも頑張ってきています。

 

TVCMも結構打ってたりしますよね。

最近はあまりTVを見ないことが多いのですが、

それでも イルミネートのCMとかはよく見かけました。

 

チバビジョンのイルミネートはイメージキャラクターに

モデルとして活躍中の矢野未希子さん(最近結婚したみたいです!)を起用したり、

ボシュロムのナチュレールは女優の真木よう子さんを起用しています。

 

シードのアイコフレワンデーUVも女優の

北川景子さんを起用していたりと各社頑張っている感じです。

 

ちなみにサークルレンズ後発組はやっぱりそれぞれの

特徴を持って発売されています。

ディファインと同じようなものを発売しても

なかなか乗り換えてもらえませんからね。

 

1番特徴的なのはシードのアイコフレワンデーUVかなと思います。

 

なんといっても着色直径が大きい!

ディファインで1番大きいのは12.8mmのヴィヴィッドスタイルなのですが、

アイコフレワンデーUVでは1番小さいベースメイクが12.8mmになっていて、

ナチュラルメイクが13.0mm、

リッチメイクになると13.2mmになります。

 

実は着色直径が13.2mmっていうのはサークルレンズの中では

いままでなかったサイズで、いいところを突いてきたな〜と思います。

 

いままでのサークルレンズでは黒目の大きさに満足できなかったという人は

アイコフレワンデーUVのリッチメイク試してみたくなりますよね。

 

そして、リッチメイクの上をいく着色直径13.4mmの

ヒロインメイクワンデーUVも登場しました。

 

ちなみにヒロインメイクは実質、

アイコフレの色違いみたいな感じです。

同じシードからの発売ですし。

 

そしてそして、サークルレンズの問題点として

目の中で「ずれる」という問題が結構あったりします。

目を動かしたときにレンズがついてこれなくて黒目の部分がずれちゃうんですね。

結構怖いことになります。

 

そんなわけで、やっぱり後発組のサークルレンズメーカーは

そこらへんを改善してきました。

 

ボシュロムのナチュレールとかはそこらへんを

かなりプッシュしているように感じます。

あと、チバビジョンのイルミネートもずれにくいという評価を得てたりします。

 

そんなわけで今はいろいろなサークルレンズの中からお好みのものを

選べるようになってきました。

 

ぜひ自分にぴったりのサークルレンズを見つけてみてください。

 

【おすすめの関連サイト】

サークルレンズの性能比較-使い捨てコンタクトレンズ通販ガイド

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

コンタクトレンズ通販ショップを選ぶときの4つのポイントとは?

ボシュロムがナチュレールにチカラをいれる理由

アイコフレワンデーUVのリッチメイクが人気の理由

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。