涙点プラグにも種類があって、肉芽になりにくいものがあります。

涙点プラグって

ドライアイの改善にはすごくいいのですが、

 

肉芽ができることがあるというのが

気になるという人も少なくないと思います。

 

目頭のあたりにポツっと吹き出物ができる感じです。

 

実際は簡単に切り取ることができるらしいですが、

なんとなくイヤですよね(笑)

 

そんな涙点プラグなんですが種類があって、

肉芽になりにくいものがあります。

 

コラーゲン製の涙点プラグなら肉芽になりにくい

涙点プラグには

シリコン製とコラーゲン製の

2種類があります。

 

肉芽になりにくいのは

コラーゲン製のほうです。

 

というのもコラーゲン製の涙点プラグというのは

固形ではなくて、ゲル状だからです。

 

シリコン製の涙点プラグというのは

サイズがあります。

 

その人の涙点の大きさに合わせて

サイズを選択するんですね。

 

なので、微妙に圧迫感を感じたり

違和感を感じたりすることがあります。

 

その結果、肉芽になると。。

 

でも、コラーゲン製の場合は、

そもそもサイズ展開というものがありません。

 

最初は液体の状態になっていて、

涙点にその液体を注入すると、

体温によってゲル化して涙点をふさいでくれるというものです。

 

なので、シリコン製に比べて

圧迫感も違和感も少ないんです。

 

なので肉芽にもなりにくいんですね。

 

ただし、2〜3ヶ月で分解されて消えてしまいます

そんなコラーゲン製の涙点プラグなんですが、

弱点がないでもないです。

 

それはなにかというと。。

 

消えてなくなるということです。

 

そう。

コラーゲンが分解されて消えてなくなってしまうんです。

バニッシュ。

 

コラーゲン製なので人体には特に影響がないのですが、

涙点プラグとしての機能も消えてなくなってしまいます。

 

消えてなくなったらどうするの?

 

というと、

また涙点プラグをしてもらいに行きます(笑)

 

そう。

2〜3ヶ月おきに処置してもらいに行く必要があるので

シリコン製に比べるとちょっとコストがかかります。

 

とはいえ、肉芽が気になるという人にとっては

コラーゲン製の涙点プラグがおすすめです。

 

違和感も少ないですしね。

 

【次に読むのにオススメな関連記事】

涙点プラグはシリコン製とコラーゲン製どちらの方がいいでしょうか?

ドライアイの改善には涙点プラグがいいというけどなぜなんでしょう?

キープティアを使って涙点プラグをしたいんだけど費用はどれくらい?

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。