メダリストワンデープラスはドライアイの人にはちょっと向かない?

(ボシュロムのメダリストワンデー詳細ページより)

 

ボシュロムのワンデーコンタクトレンズといえば

メダリストワンデープラスなんですが、

ドライアイ気味の人にはちょっと向かないかもしれません。

 

まあ、コンタクトレンズって

ドライアイの人には基本的に向かないのですが、

メダリストワンデープラスはその中でも

あんまり向いていないコンタクトレンズかもしれません。

 

それはなぜなんでしょうか?

 

含水率が59%とかなり高いコンタクトレンズなので水分が蒸発しやすい

メダリストワンデープラスが

ドライアイの人にはなんで向かないのかというと、

含水率が59%とかなり高いからです。

 

含水率が高いコンタクトレンズの多くは、

ドライアイには向かないという課題を抱えています。

 

なので、これはメダリストワンデープラスに

限ったことではありません。

 

ちなみにチバビジョンのデイリーズアクアとかは

含水率が69%と異常に高いのでさらにドライアイには向かないかもしれません。

 

まあ、含水率が高くても

水分が蒸発しにくくなっているコンタクトレンズというのもあって、

そういうものであればドライアイでも大丈夫だったりします。

 

ちなみに含水率が高いコンタクトレンズと

低いコンタクトレンズがある理由は

こちらの記事「コンタクトレンズの含水率って高い方がいいの?低いほうがいいの?」を参考にしてみてください。

 

ドライアイなら日本未発売だけどバイオトゥルーワンデーがいいかも

「ドライアイにいいコンタクトレンズない?」

という場合には同じボシュロムからでている

バイオトゥルーワンデーというコンタクトレンズが

オススメかもしれません。

 

とはいっても日本ではまだ未発売なんですけどね。。

でもレンズモードでなら通販することができるようです。

 

バイオトゥルーワンデーというコンタクトレンズは

実は含水率が78%ととんでもなく高含水率になっています。

 

それでもハイパーゲルという素材を使っているおかげで、

水分の蒸発が少ないのでドライアイにもいいんですね。

 

朝装着して夜になっても含水率は76%ほどに低下するだけだそうです。

 

こちらの記事もよく読まれています

ドライアイにいいと言われているコンタクトレンズ
ドライアイの人にとても支持されているコンタクトレンズというものがあります。レンズの水分が蒸発しにくいように作られているんです。

 

ドライアイの改善に良いらしいムチン目薬とは?
ドライアイの場合にはコンタクトレンズを変えてみるのもいいんですが、そもそもドライアイの原因を改善することも大切です。

 

ディファインがズレる原因はもしかしたらドライアイにあるかも?
普段は透明なコンタクトレンズをしているけど休日とかはディファインを使っているという人いませんか?レンズがずれることってありませんか?ドライアイにその原因があるかもしれません。

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。