毛様体筋のコリをほぐしてあげるためのトレーニング法を知りたい!

視力回復のカギを握ると言われている「毛様体筋」。

 

毛様体筋が凝り固まってしまって

ピントを合わせることができなくなるのが視力低下の原因です。

 

つまりは毛様体筋のコリがなくなれば視力アップするということ!

でも、どうやって毛様体筋のコリをほぐすことができるんでしょうか?

 

そもそもなんで毛様体筋が「凝る」のか?

まずは、そもそも論なのですが、

なんで私達の目の毛様体筋って凝ってしまったりするんでしょうか?

 

多くの人は、

目を酷使しているからなんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

実はその反対だったりするんです。

 

そんなことないよ!一日中パソコンに向かって目を酷使しているよ!

って思うかもしれません。

 

でもよく考えてみてください。

 

たしかにずっとパソコンの画面を見てはいるんですが、

目の筋肉はほとんど動いてないですよね?

 

実は目の機能を「フル」に使っていないのが原因!?

そうなんです。

実は私達は目の機能をほとんど使っていないんです。

 

目には眼球を上下左右に動かすことができる外眼筋が備わっているし、

眼球の中にはピント調節するための毛様体筋、

光の量を調節するための虹彩筋などがあります。

 

外でスポーツをしたりするときは

それらの筋肉をフルに使うことができるのですが、

パソコンに向かっているときはほとんどと言っていいほど動きません。

 

近くにピントを合わせるために毛様体筋がちょっと緊張するぐらいです。

この長時間の緊張が毛様体筋が凝る原因になってしまうんですね!

 

力強く毛様体筋をストレッチする「遠方体操法」。

なので、普段オフィスワークばっかりという人は、

意図的に目の筋肉をストレッチしてあげる必要があります。

 

その中でも特に毛様体筋のストレッチが大事です。

 

そこで毛様体筋をストレッチする方法をご紹介します。

まずは一つ目、

遠方体操法」です!

 

やりかたは簡単。

 

まず人差し指を目の前にかかげてみてください。

で、その人差し指の先端に焦点を合わせたまま、

指を前後に動かしてみるんです。

 

腕を伸ばして目と指の距離を遠ざけてみたり、

その逆に、目と指の距離を10cmぐらいまで縮めてみたり。

 

こんな感じ。

ちょっとぼやけますが

ピントを合わせるように意識します。

 

 

たぶん、今この場で試すことができるので

ぜひやってみてください。

 

ちなみに、両目でやるのではなくて

片目づつの方がいいかもしれません。

 

というのも、両目で見ていると、

指が目の前にあるときに「寄り目」になってしまうからです(笑)

 

どうでしょう?

やってみましたか?

 

特に指が目の前にあるときに毛様体筋が動いていることを

感じられるんじゃないでしょうか?

 

人によっては目が痛いと感じるかもしれません。

私は結構痛いって感じてしまいました。

 

でも「効いてる感」があっていいです(笑)

 

あ、ちなみに遠方体操法は

毛様体筋にかなり負荷がかかるので

あまり長時間やらないほうがよさそうです。

 

1日5分くらいがいいのではないでしょうか?

 

毛様体筋の微調整力を強化する「遠方凝視法」。

そして、二つ目の方法は

遠方凝視法」です。

 

遠方体操法では

毛様体筋をストレッチするために

ダイナミックに焦点を前後に動かしましたが、

遠方凝視法は焦点を1点に固定します。

 

このときに大切なのが、

「ちょっとだけぼやけて見える」

1点を凝視するということです。

 

なので、遠方凝視法は裸眼のときにやるのがベストです。

 

視力矯正した状態だとぼやけて見える部分が

あまりない状態ですもんね。

 

で、ちょっとだけぼやけて見える1点を凝視して、

クッキリハッキリと見えるように意識するんです。

 

ただ、ぼや〜と見るのではなくて、

見ようとする意識が大事です。

 

これ、やってみるとわかると思うのですが、

毛様体筋がピントを合わせようとして

微調整しているな〜っていうのが分かります。

 

ちなみに遠方だからといって

山とか海に行く必要はなくて、

家の中のどこかでも大丈夫です。

 

ようは、ちょっとだけぼやけて見える1点であればいいんです。

視力が良くない人ほど簡単にみつかります(笑)

 

ちなみにオススメなのは光っている数字です。

例えば、デジタル時計の数字だとか、

ガスの温度調節器の数字だとか、

BDレコーダーの数字だとかですね。

 

視力が良くないと

光って放射状に広がってぼやけるじゃないですか?

 

なので毛様体筋がピントを微調節していることが

分かりやすいんです。

 

まとめ

というわけで、

毛様体筋のコリをほぐすためのトレーニング法を2つお伝えしました。

 

遠方体操法」と「遠方凝視法」です。

 

ぜひ、視力回復させたいという人は試してみてください。

 

ただし、ひとつだけお伝えしておきます。

根気が必要です!

 

こちらの記事で視力が0.07だった人が

1.4まで回復させた例を紹介をしているのですが、

「遠方凝視法」を1日1時間を7年間続けたそうです。

 

がんばりましょう!

私も実践してます!

 

コンタクトレンズをお得に通販したいときにチェックすべき比較サイト。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は手前ミソではありますが、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。