紫外線A波と紫外線B波、どっちの方が目に良くない!?

紫外線と一口にいっても、

波長の長さによって「紫外線A波」とか「紫外線B波」にわけられています。

(実は紫外線C波もありますが。。)

 

いったいどっちの紫外線のほうが目に良くないのでしょうか?

 

気づかないうちに目に悪影響を与えるのは「紫外線A波」かも。

紫外線A波と紫外線B波。

 

結論的には、「紫外線A波」の方が

目に悪影響を与える可能性が高いです。

 

なぜかというと、紫外線A波による影響は、

状況が悪化するまで気づきにくいからなんです。

 

例えば、紫外線A波の影響で目の水晶体が白く濁ってきたとか、

結膜(白目)の部分にシミができてきたとかいう状況ですね。

 

なんで紫外線A波の影響はなかなか気づきにくいんでしょうか?

 

紫外線A波は破壊力は弱いけれども奥深くまで届くイメージ。

紫外線A波というのは

紫外線の中でも波長が「長い」もののことを指します。

 

簡単に言うと、破壊力が小さいんです。

でもその代わりにモノを通過しやすいという性質を持っています。

 

イメージ図はこちら。

ロート製薬のサイトより引用)

 

つまりは、紫外線A波は私達の体の

内側にまで入ってくるイメージです。

 

目も例外ではありません。

 

ちなみに地表に届く紫外線のうちの90%以上は

紫外線A波と言われています。

 

破壊力は弱いけれども、地表に大量に降り注ぎ、

体の奥深くまで入り込むのが紫外線A波なんですね。

 

じわじわと肌に影響が現れるシミ、シワなどは

紫外線A波の影響だと言われています。

 

紫外線B波は破壊力は強いけれども表面で止まるイメージ。

紫外線B波は紫外線の中でも

波長が「短め」のものを指します。

 

簡単に言うと、破壊力が高いんです。

 

例えば、暑い夏に外で遊ぶと日焼けして肌が真っ赤になったりしますよね。

それは破壊力が高い紫外線B波の影響です。

 

破壊力が高いがゆえにすぐに体に影響が及ぶんですね。

でも、その代わりに体の表面で止まるという性質があります。

 

ちなみに紫外線B波が目の中に入ってきたとしたらどうでしょう?

 

おそらくわりとすぐに目に影響がでてくるはずです。

目が痛くなってきたとか疲れてきたとか。

 

というわけで、紫外線A波と紫外線B波、

どっちも目に良くないと言えるのですが、

気づきにくいという点で

「紫外線A波」の方がより目に良くないと可能性が高いです。

 

UVカット機能付きのコンタクトレンズを選ぶなら紫外線A波のカット率にも注目。

ちなみにコンタクトレンズの中には

UVカット機能付きのものがあります。

 

アキュビューシリーズとかは

すべてのコンタクトレンズがUVカット仕様になっているのですが、

微妙にコンタクトレンズによってUVカットの性能が違ったりします。

 

特に紫外線A波のカット率が違うんです。

 

例えば、ワンデーアキュビューの紫外線A波のカット率は「81%」なのですが、

ワンデーアキュビュートゥルーアイの場合はカット率が「96%」なんです。

 

かなり違いますよね!?

 

なので、目の健康のためにも

なるべく性能の高いものを選びたいという人は、

紫外線A波のカット率もチェックしてみてください。

 

ちなみにUVカット機能付きのコンタクトレンズを

一覧にした記事はこちらです。

 



コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

Beautiful woman eye

コンタクトレンズってどうやって買っていますか?

眼科に行って買うという人。

駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。

通販で買うという人。

いろいろいるのではないかなと思います。

 

でも、やっぱりお得に買いたいのであれば

通販で買うのがいいのではないかなと思います。

 

なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、

最近では送料無料というところも多いです。

処方箋不要もあたりまえになってきていますし。

 

ちなみに価格比較をしたい場合は、

使い捨てコンタクトレンズ通販ガイドというサイトが結構便利です。

 

送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。

しかも、価格情報は毎日更新されています。

コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは

結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。